東大COIが開発したAIエンジンを活用、日立システムズが健康支援サービス「MIRAMED(メラミド)」の実証実験を開始

日立システムズの健康支援サービスMIRAMED(メラミド)のイメージ
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日立システムズは4月11日、東京大学センター・オブ・イノベーション「自分で守る健康社会拠点」(以下、東京大学COI)などと提携し、健康診断データを活用した生活習慣病の改善など、健康維持から医療機関の受診勧奨までワンストップで支援するサービス開発に向けた実証実験を開始すると発表した。

今回の実証実験の内容は、日立システムズの医薬・ヘルスケアプラットフォーム上で、健康管理PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)アプリケーション「SaluDi(サルディ)」(サワイグループホールディングス株式会社)、およびPHR管理システム「Smart One Health(スマートワンヘルス)」(株式会社インテグリティ・ヘルスケア)と健康支援サービス「MIRAMED(メラミド)」を連携させ、「健康~未病~特定保健指導~受診勧奨のワンストップサービス」の実現可能性や効果の検証を行うというもの。

「MIRAMED」は、東京大学COIが開発した、AI(人工知能)活用の行動変容促進システムを用いた健康支援サービスで、チャットや遠隔面談で効率的に特定保健指導が可能になるという。

日立システムズは、実証実験で得られるデータにより、各システムの機能アップデートを行う。具体的には、保健師・薬剤師による特定保健指導後に、AIが継続指導できる機能などを予定。

今後の計画としては、医療機関、企業や健康保険組合向けなどの各種サービスをプラットフォーム上に展開し、健診から治療支援、介護までを包括したエコシステムの構築をめざすという。

>>ニュースリリース