Humanome CatData無料プランでコードを書かずに機械学習モデルの作成と予測をしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加


「Humanome CatData」は、ノーコードでAIを使って表データを解析できるツールです。データの前処理、可視化、予測までを簡単に実行できます。

前回はマニュアルのデータの前処理と可視化まで進めたので、今回は機械学習のモデルの作成と、予測まで実施しました。

再びテーブルを作成し、「学習」を選択し、「保存」をクリックします。

前回と同じように、「花弁の長さ」に対して、不要な列を削除しておきます。

「確認」をクリックします。

警告が出ますが、「続行する」をクリックします。

「学習」をクリックします。

「はい」をクリックします。

「モデルの新規作成」をクリックします。

予測対象の列には「種類」、手法には「Random Forest」を選択し、「開始」をクリックします。

学習が終わったら「評価結果」をクリックします。

モデルの評価をさまざまな項目で確認できます。



最後に、予測をしてみます。無料プランではテーブルを2つまでしか作成できないので、「可視化」のテーブルを選択して削除します。

「:」「テーブルの削除」を選択すると、テーブルが削除できます。

「:」「テーブルの削除」を選択すると、テーブルが削除できます。

今回は「iris_test.xlsx」をアップロードします。

「予測」のテーブルを選択します。

「予測」をクリックします。

予測する値に「種類」を選択し、「iris_training」をクリックします。

「予測」をクリックします。

「予測結果」をクリックします。

ここで、予測結果の確認ができます。また、「評価」を選択すると、モデルの予測結果と正解値を比較できます。

正解ラベルが1のデータに対しては100%、2のデータに対しては80%の確率で予測できています。

最後に

今回はHumanome CatDataを使い、機械学習のモデル作成から予測までを実施しました。本サービスを使うと、必要な処理を簡単にできるので、ぜひ試してみてください。