IaaSとは | SaaS、PaaSとの違い・例・メリット、デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部で作成



IaaSという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。「SaaS・PaaS・IaaS」の3セットで言葉を耳にしたことのある方も多いかもしれません。

SaaS・PaaS・IaaSはすべてクラウドサービスです。クラウドで提供する内容が違うため、名称が分れています。

この記事ではIaaSとは何か知りたい方へ向けて、IaaSの意味と例、SaaS・PaaSとの違い、IaaSと類似したサービスであるホスティングサービスとの違い、メリット・デメリットを紹介していきます。


新規CTA

IaaS(イアース)とは

IaaS(イアース)は、Infrastructure as a Service(サービスとしてのインフラストラクチャー)の略です。クラウドサービスのうちインフラストラクチャーを提供するものを指します。

従来のシステム開発では、必要なネットワーク、ハードウェア(CPU、メモリー、ストレージなど)やOSを自前で準備する必要がありました。IaaSの場合、こうしたネットワーク、ハードウェアやOSを、必要なときに必要な分だけネットワーク経由で利用できます。

IaaSの例としては、Google Compute Engine、Microsoft Azureの仮想マシンや、Amazon Web Service(AWS)のAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)があります。

なお、IaaSはイアースに限らず、アイエーエーエス、アイアースなど多様な読まれ方をしています。

クラウドとは何か

IaaSはクラウドサービスのうちソフトウェアを提供するものと述べ、IaaSの説明を進めてきましたが、そもそもクラウド(クラウドコンピューティング)とは何でしょうか。

米国国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)の資料によると、クラウドの定義は以下のようになっています。

クラウドコンピューティングは、共用の構成可能なコンピューティングリソース(ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービス)の集積に、どこからでも、簡便に、必要に応じて、ネットワーク経由でアクセスすることを可能とするモデルであり、最小限の利用手続きまたはサービスプロバイダとのやりとりで速やかに割当てられ提供されるものである。

編集部で作成

この定義を簡潔にまとめると、クラウドとは「どこからでも、簡便に、必要に応じて、コンピューティングリソースにネットワーク経由でアクセスできるモデル」です。

ひとことでクラウドサービスといっても、クラウドの提供できるサービスは幅広いです。ソフトウェア自体を提供することもあれば、開発するためのツールや環境を提供することも、環境構築の場を提供することもあります。

そこで、同じクラウドサービスでも、提供内容によりIaaSのほか、SaaS(サース、Software as a Service)、PaaS(パース、Platform as a Service)と名前を分けています。

SaaS・PaaS・IaaSの違い

編集部で作成

SaaS、PaaS、IaaSそれぞれの提供内容をひとことでまとめると、以下のようになります。

  • SaaS:クラウドサービスのうちソフトウェアを提供するもの
  • PaaS:クラウドサービスのうちプラットフォームを提供するもの
  • IaaS:クラウドサービスのうちインフラストラクチャーを提供するもの

これら3つの提供する構成の違いを図示すると、以下のようになります。

編集部で作成

SaaSでは、「クラウドのインフラストラクチャー上で稼動しているプロバイダ由来のアプリケーション」(=ソフトウェア)が提供されます。自分で開発する部分がなく、専門性が低くても使えます。一方で自由度は低く、アプリケーションに設定されているカスタマイズ機能をいじる程度です。

PaaSでは、「クラウドのインフラストラクチャー上にユーザが開発したまたは購入したアプリケーションを実装する」機能(=プラットフォーム)が提供されます。提供されたプラットフォームで、自分でアプリケーションを実装できます。プラットフォームには、開発ツール、データベース管理サービス、実行時に必要なライブリーやモジュールも含まれます。必要な専門性も自由度もSaaSとIaaSの中間です。

IaaSでは、「演算機能、ストレージ、ネットワークそのほかの基礎的コンピューティングリソース」(=インフラストラクチャー)が提供されます。PaaSのようにプラットフォームとして整ったアプリケーション実装環境が提供されるわけではありません。自分でミドルウェアを導入し、そのうえでアプリケーションを実装する必要があります。OSは提供されている場合も、提供されていない場合もあります。OSが含まれないクラウドサービスは、IaaSのほかHaaS(ハース、Hardware as a Service)と呼ばれることもあります。SaaSとPaaSより自由度が高い一方で、高い専門性も必要です。

SaaS・PaaS・IaaSの比較まとめ

前節で述べたIaaS・PaaS・IaaSの特徴を表でまとめると、以下のようになります。

編集部で作成

IaaSとホスティングサービスの違い

仮想専用サーバー(VPS、Virtual Private Server)、共用サーバーや、専用サーバーといったホスティングサービスはネットワーク経由でサーバーを利用できるサービスで、IaaSと似ています。違いは、ホスティングサービスの場合は契約内容が固定されているのに対し、IaaSは柔軟な変更が可能な点です。ホスティングサービスでは一度プランを選んだら、プランを変更しない限りそのスペック・月額料金での契約となりますが、IaaSの場合はスペックの柔軟な変更が可能であり、料金も従量課金性の場合が多いです。

サービスの提供元により例外もありますが、4つのサービスの違いを細かく見ていくと、以下の表のようになります。

編集部で作成

物理サーバーが物理的な1台のサーバーを指すのに対し、仮想サーバーは物理的には1台のサーバーを仮想化して複数のサーバーとしたものを指します。通常、物理的な1台のサーバーで1つのOSを管理しますが、仮想化により複数のOSの管理が可能になります。IaaSやVPSでは、この仮想サーバーを提供しています。IaaSでは1契約で複数台の仮想サーバーを構築できるのに対し、VPSは1契約で1台の仮想サーバーの構築となります。

IaaSは、CPU数、メモリ数、ストレージといったスペックのカスタマイズの自由度が高く、アクセス数の増減に応じてスペックを変更することも容易です。

共用サーバー以外では、サーバーの構築、運用、セキュリティ対策をするroot権限を与えられる場合が多く、サーバーに関する専門知識が必要です。

IaaSはアカウント作成してすぐに利用できるため、利用開始までにかかる時間は数分程度と非常に短いです。VPSや共用サーバーは利用申し込みをし、入金が確認されて数時間後に利用開始できる場合が多いようです。専用サーバーは契約内容により異なり、数時間後の場合も、数日かかる場合もあるようです。
参考:SAKURA internet, サービス申込みから、運用開始までの流れを教えてください。

IaaSは従量課金制の場合が多く、使った分だけ料金を払うため、時期により必要なリソースが大きく変化する場合に向いています。

IaaSのメリット・デメリット

これまでのクラウドサービス同士の比較やホスティングサービスとの比較をもとに、IaaSにはどのようなメリット・デメリットがあるかまとめます。

IaaSのメリット

  • 自由度が高い
  •  ほかのクラウドサービス(SaaS,PaaS)と比較して自由度が高く、必要な環境を自由に設計できる。またホスティングサービスと比較しても、CPU数、メモリ数、ストレージといったスペックのカスタマイズと変更が容易。
     

  • 手軽に利用可能
  •  アカウントの作成だけで利用できるため、ホスティングサービスと比較して利用開始までにかかる時間が短い。

  • 導入費を削減可能
  •  従量課金制の場合が多く、アクセス数の少ない導入時などは費用が安く済む。

IaaSのデメリット

  • 専門知識が必要
  •  ほかのクラウドサービスや共用サーバーと比較して、サーバー管理に関する専門知識が必要。

  • 利用料金の把握が難しい
  •  従量課金制は月額等固定制よりも利用料金が把握しづらく、使い方によっては思わぬ高額費用が発生する場合もある。

この記事では、IaaSの意味と例、SaaS・PaaSとの違い、ホスティングサービスとの違い、メリット・デメリットを紹介しました。

IaaSは自由度が高く従量課金制の場合が多いという特徴があることから、アクセスの変動が激しくなりがちなECサイトやゲーム・アプリ運営、また一時的に必要とされるキャンペーンサイトといった用途に向いています。

またディープラーニングで学習する場合、高性能なGPUを購入すると高額になります。GPUを提供するIaaSやPaaSを用いた場合、かかる費用は利用した分だけなので、購入するよりコストを抑えられる可能性があります。そのためAI研究や開発の場でもIaaSは活躍しています。


新規CTA