男性のお見合い成立件数は400~700万円が最多 ビックデータ分析で明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社IBJが運営する結婚相談所ネットワーク「日本結婚相談所連盟」は2020年12月21日、月間4万件超のお見合いに関するビックデータを分析した「お見合い白書」を公開した。

婚活総合サービス 株式会社IBJ

お見合い成立した人のうち「一人当たりのお見合い平均回数」は1ヵ月間で2.4回だが、中には10回以上の人もいる。コロナ禍のリモートワークにより時間に余裕ができ、積極的に活動する人がいることが、理由の1つとして挙げられるという。

婚活総合サービス 株式会社IBJ

お見合いが最も多く成立している年齢差は、4歳差(男性が年上)という結果だ。全体のうち、7%は同い年のお見合い、10%は女性が年上となるお見合いであり、女性は比較的年齢が近い人に申し込む傾向があるという。

婚活総合サービス 株式会社IBJ

また、男性の年収別にお見合い成立件数を比較すると、400~700万円がボリュームゾーンとなる。お見合い段階では「条件面」を大事にする傾向があるが、お見合いの次のステップである「仮交際」へと発展する段階では、相手の「内面」を見ることが多いという。お見合いから仮交際へ進む理由は、以下のとおり。

※仮交際とは:お見合い後、両者ともに好印象であった場合、相手との相性を確認するために移る、ステップのこと。

お見合いから仮交際成立の理由(一例抜粋)

【男性側】
・とても話しやすくて、あっと言う間に時間が過ぎました。
・物静かな感じもありながら、存在感のある、すごく素敵な方でした。
・笑顔が素敵で楽しそうに話してるので和みました。動物が好きなのも伝わってきて良かったです。
・働くことが好き、という気持ちに共感してくれてうれしかったです。
・笑顔が素敵で聞き上手な所が印象的でした。
・女性らしく清潔感があり好印象でした。 会話の中で、僕の名前を添えて質問いただいたのがうれしかったです。
・自然体で話す事ができました。
・プロフィールの内容を覚えていてくれたことがうれしかったです。

【女性側】
・とても優しい雰囲気で、安心してお話することができました。 真面目な方だと思いました。
・純粋にもう一度話してみたいと感じました。
・今までお会いした男性の中で一番お話ししやすい方でした。
・お話するなかで、誠実なお人柄や知的さを感じたのが好印象でした。
・帰り際の「また会いたい」の一言が、とてもうれしかったです。
・具体的な結婚観を持っていて、それをしっかりお話ししてくれるところが好印象でした。
・とても紳士的で頼もしい方だと感じました。ご自身のことを積極的にお話ししてくださり、一時間があっという間に感じました。

成婚へと至るには「仮交際成立」の理由からもわかるように、人柄や相性などデータではわからない「内面」を理由に決断する人が多いとのこと。しかし、条件面でNGになると、お見合いにさえ至らないこともあるという。

このような状況を受けて、日本結婚相談所連盟は2019年2月、「AIマッチング」をリリースしている。AIマッチングとは、趣味や嗜好、活動履歴、顔の好みなど、あらゆるデータをAIが分析し、仲人へマッチング率の高い相手を紹介するもの。条件面だけではわからない相性の良い相手を提案することで、ミスマッチを減らす役割を担っているとのことだ。

もちろん、従来から重視されてきた年齢や年収などは重要な要素だが、AIなどのテクノロジーを活用することで、そのような要素にさほど囚われず、それぞれが好きな選択ができる社会に近づきつつあると言える。今後の取り組みに注目したい。

調査対象:2020年8月に成立したお見合い4万1744件
集計期間:2020年8月1日~31日

>>ニュースリリース