プライバシーに配慮した設計のAIカメラを用いた人流解析を実施|ハービスPLAZA ENT

このエントリーをはてなブックマークに追加


阪急阪神不動産株式会社、阪急阪神ビルマネジメント株式会社及びIntelligence Design株式会社は2023年1月23日、実証実験を開始したと発表した。これはIntelligence Designが開発するAI画像認識・IoT端末を利用し、カメラ映像から通行人の数や性別などの属性を解析するAI解析用エッジボックス「IDEA counter」を活用し、大阪梅田の商業施設「ハービスPLAZA ENT」において、人流解析をするもの。

買い回り行動データの取得・解析を行う実証実験

今回の実証実験は、ハービスENT地下2階にAIカメラを設置し、映像を「IDEA counter」と連携し、店舗前の通行者数及び店舗への入店者数、その性別や年齢などの属性、複数カメラ間での同一人物検知による買い回り行動データの取得・解析を行うもの。

カメラ端末内にて取得した画像データは解析後に削除され、統計化されたデータ(人数、属性等)のみが残るため、個人を特定する情報は残らないという。同実証実験から得られる知見を活かし、顧客・入居テナントにとって、より魅力的な施設運営を目指すとのこと。

実証実験概要

実施内容:AIカメラを用いた人流解析
実施期間:2023年2月1日(水)~4月30日(日)
実施場所:
ハービスPLAZA ENT 地下2階フロア
・所在地:大阪府大阪市北区梅田2丁目2-22
・施設HP: https://www.herbis.jp/

■阪急阪神不動産株式会社
https://www.hhp.co.jp/

■阪急阪神ビルマネジメント株式会社
https://www.hhbm.hankyu-hanshin.co.jp/

>>ニュースリリース