長野県飯綱町と凸版印刷がスマートグラスを活用した買い物支援の実証実験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県飯綱町と凸版印刷株式会社は6月から、買い物や移動に課題を抱える住民に向け、スマートグラスを活用した買い物支援の実証実験を開始した。飯綱町内に店舗を構えるセブン-イレブン三水普光寺店、社会福祉法人 飯綱町社会福祉協議会と協力し、7月末まで実施する。

飯綱町では少子高齢化や過疎の進行などから、食料品などの買い物や移動に課題を抱える住民が増加し、これらの課題を解決するための買い物支援対策を重要な施策として位置付けている。

凸版印刷は、次世代DX開発拠点である「ICT KŌBŌ」を2020年4月から長野県飯綱町に開設し、システム開発事業に加えて地域活性化の支援に取り組んでいる。本実証において凸版印刷は、デジタルを活用した課題解決の施策として遠隔コミュニケーションサービス「RemoPick(リモピック)」を提供し、飯綱町と共同で買い物支援の実証実験を推進する。

本実証実験の目的は、高齢者などの買い物や移動に課題を抱える住民における支援方法を検証すること。凸版印刷が開発したRemoPickを活用し、買い物をしたい対象者がタブレットなどを通して店舗にいるスマートグラスを装着した店員に対してポインター機能を使用し、欲しい商品をリアルタイムに伝えて買い物ができる。

購入した商品は対象者の自宅などに宅配され、利用代金はモバイルPOSを通じて宅配時に支払う。利用者は自宅などの遠隔地からでも、実際の店舗を見ながら複数の商品をその場にいるかのように選択し購入できる。原則として、対象者は交通手段を持たない町内在住の高齢者で、事前登録した人や事前予約した団体が利用できる。

今回の実証実験では、2種類の実証実験を予定している。1つ目は個人宅向け買い物支援で、高齢者の1人暮らしなどを想定。利用したい前日の正午までに、利用したい時間を予約することで利用できる。

また、2つ目の実験は団体向けの買い物支援体験会で、買い物支援とコミュ二ティの活性化などを目的に高齢者向けの集いの場で実施する。会場は、飯綱町社会福祉協議会が主体となって実施している、地域の仲間づくりや出会いの場づくり、健康づくりができる、北川地区コミュニティ防災センター「いきいきサロン」。

本実証実験は、2022年6月から7月末までの2か月間実施して課題を整理・検証する。その結果を踏まえ、2022年9月中旬から2回目の実証実験を実施する予定だ。その後、2023年度以降の本格運用に向けた検討もしていくという。

本実証実験における各社の役割は以下のとおり。

  • 長野県飯綱町:本実証の企画、運用
  • 凸版印刷株式会社:遠隔コミュニケーションサービス「RemoPick」の提供、運用支援
  • セブン‐イレブン三水普光寺店:実証場所の提供、店舗従業員による買い物代行・配達
  • 飯綱町社会福祉協議会:本実証に対する協力、今後のサポート体制の検証

>>ニュースリリース