AI・機械学習向け統合データ基盤 ビジネスの意思決定に活用できる高精度のデータ分析を支援

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「レイクハウス・プラットフォーム」公式サイトより

クラスメソッド株式会社は3月15日、データブリックス・ジャパン株式会社とパートナー契約を締結し、AI(人工知能)・機械学習に適した統合データ分析プラットフォーム「Databricks」を発売する。

また、クラスメソッドとデータブリックス、株式会社メソドロジックの3社は、データ分析基盤の構築支援と、データ分析やAI・機械学習の活用促進を目的とした連携を開始する。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みでは、データをいかに分析してビジネスに生かすかが重要な要素となっている。しかし、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が「DX白書2022」で発表したアンケート調査結果によると、意思決定のプロセスにデータサイエンティストやAIによる専門的で高度なデータ分析をしていると回答した日本企業はわずか13.2%にとどまり、米国企業の78.1%を大きく下回っている。

同アンケート調査にて、データ分析の取り組みを進める日本企業が注力している要素として、「全社共通の分析プラットフォームの構築」「各現場ビジネス課題に沿った分析モデルの開発」「従業員の教育」などが挙がり、データ分析基盤を作成・活用できる体制の構築が重視されていることがわかる。

このたびの3社の連携において、データブリックスは統合データ分析プラットフォーム「レイクハウス・プラットフォーム」を提供する。本プラットフォームは、AI・機械学習に親和性が高く、信頼性やセキュリティ、ガバナンスにも優れたサービスだ。

クラスメソッドは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が運営するAWS MarketplaceのCPPOプログラム(クラスメソッドなどのコンサルティングパートナーがSaaSやソフトウェアを販売できるプログラム)を通じて、データブリックスの製品を販売し、あわせてユーザー企業のAWS環境上へのデータ分析基盤の構築を支援する。

メソドロジックは、ユーザー企業がデータブリックスのプラットフォーム上でさまざまなリソースから得たデータを組み合わせ、ビジネス上の意思決定に活用できる精度の高いデータ分析ができるデータモデリングやAI・機械学習の導入を支援する。

今回の連携に関しての各社のコメントは以下のとおり。

──データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内賢佑氏

「AWSは、弊社のクラウド戦略を進める上で非常に重要なものであり、AWSの最上位パートナーであるクラスメソッド様とのパートナーシップの締結は、当社の戦略をさらに一歩進めるものであると確信をしております。クラスメソッド様が、当社が提供する『レイクハウス・プラットフォーム』を基盤として、関連するAWSのサービスを統合することにより、日本企業のさらなるデータとAIの民主化の実現に協力して取り組んでまいります」

──株式会社メソドロジック 取締役 COO 白石章氏

「このたび、クラスメソッド様との連携の機会をいただきまして、厚く御礼申し上げます。データ分析基盤の構築には、AWSを中心としたクラウドサービスを選定して利用し、データモデルを整理して、データレイクを設計し、最適なデータフローを構築することが求められます。更に、BI(ビジネスインテリジェンス)や機械学習まで、幅広い技術ノウハウが必要となります。

クラスメソッド様のAWS構築における強みと、弊社のデータブリックスでのデータ分析基盤構築ノウハウを共有し、データブリックスの『レイクハウス・プラットフォーム』にて、お客様のデータ&AIの民主化を推進していければと思っております」

──クラスメソッド株式会社 取締役 佐々木大輔氏

「このたび、データブリックス・ジャパン様とパートナーシップ契約を結べたことを大変光栄に思います。同社が提供する『レイクハウス・プラットフォーム』は、企業におけるデータの高性能な統合基盤に加えて機械学習やAIといった高度な分析までもワンストップで利用できるサービスであり、データ活用に取り組もうとするお客様にとって強力な支えになると考えています。

同時に、このプラットフォームの導入・活用支援に豊富な実績を持つメソドロジック様とも連携することで、より一層お客様のAWS環境におけるデータ活用ニーズにお応えしてまいります」

>>ニュースリリース