高品質な音声認識AIアノテーション「アノラボ」がサービス提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は写真ACより
株式会社IPパートナーズは2022年11月11日(金)、音声認識AIに特化した高品質アノテーションサービス「アノラボ」の提供開始を発表した。

アノテーションの品質が問われるAI開発

AI(人工知能)の学習過程において大量に必要となるのが教師データ。この教師データを作成する作業を「アノテーション」と呼ぶ。

アノテーションの品質向上は、多くのAI開発現場が抱える課題となっている。

同社は以下のように述べる。
今後、ますます活用の場が広がると期待されているAIですが、AIプロジェクトの成功率は低く、それはAIに巨額投資をしているAI先進国、米中も同様です。
その原因の多くは教師データのラベル付け(アノテーション)品質に関係していると言われており、低品質な教師データゆえに期待される精度が出せず、AI導入を諦めているケースが少なくありません。言い換えると、アノテーションの品質を上げれば、AIプロジェクトの成功率を上げることができるということです。

この課題に取り組む同社のアノラボは、高品質なアノテーションを特徴としている。

同サービスの音声特化型・高品質アノテーションは、優秀なアノテーターによって実現するという。同社による実験で、一般のアノテーターと比較しエラー率が10分の1以下であったとのこと。

長年の文字起こしサービスの運営実績がある同社は、4年ほど前からAI用の文字起こしも多くを手がける。登用する文字起こしライターの品質に対する意識の高さが、高品質アノテーションの最も大きな要因であるとのこと。

>>ニュースリリース