ルンバ、AIで家具を認識して掃除可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイロボット・コーポレーションは日本時間8月26日、同社史上最大とうたうソフトウェアのアップデート「iRobot Genius(アイロボット・ジーニアス)ホームインテリジェンス」を発表した。iRobot HOMEアプリの仕様に加え、ロボット掃除機「ルンバ」や、床拭きロボット「ブラーバ」の機能も大幅に改良される。

iRobot Geniusでは、最先端のロボットAIを採用。業界初とうたう物体認識機能を備えており、機械学習によって、ソファやテーブルといった特定の家具を自動的に検出する。これにより 「ソファのまわりを掃除する」など、ピンポイントでの清掃を実現する。

AIが清掃パターンを学習し、スケジュールを提案する

スケジュールの提案も実現する。具体的には、金曜日の夜にリビング、あるいは日曜日の夕食後にダイニングとキッチンに掃除機をかけることが多いなど、AIが清掃パターンを学習。「これを清掃スケジュールに追加しませんか?」とアプリ上で提案してくれる。

AIが進入禁止エリアを提案してくれる

また、進入禁止エリアの提案も可能。iRobot Geniusはユーザーの好みの設定を知り、よりパーソナライズされた清掃方法を判断できるように日々学習を続ける。たとえば、配線が多い箇所など、ロボットが停止することの多いエリアを自動で検知し、「このエリアを進入禁止に設定しませんか?」と提案する。

さらに、位置情報によりその地域にあった季節の提案も実現する。花粉やアレルギーの季節、ペットの換毛期などを 通知し、清掃頻度などを提案してくれる。なお、本機能はOFFにすることも可能。

なお、各機能はGoogle アシスタントやAmazon Alexaなどのスマー トスピーカーを通して、音声でコントロールすることもできる。

「ルンバやブラーバのさらなる可能性を引き出す」

アイロボット・コーポレーションのCEO兼会長であるコリン・アングル氏のコメントは以下のとおり。

コリン・アングル氏

「アイロボットはソフトウェアとデジタル体験に戦略的重点を置きながら、お客様を日々の掃除から解放するスマート・テクノロジーの開発に取り組みます。iRobot Geniusは、ルンバやブラーバのさらなる可能性を引き出し、ロボットの機能が強化されるだけでなく、一新されたアプリがよりスマートな掃除の提案をするなど、掃除のパートナーとしてお客様のライフスタイルに寄り添います」

>>ニュースリリース