伊藤園と富士通、スマホで撮影するだけでAIが茶葉の摘採時期を判断する技術の試験運用を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社伊藤園と富士通株式会社は5月10日、AI画像解析により茶葉(茶芽)の摘採時期を簡便に判断する技術を共同開発し、伊藤園が展開する茶産地育成事業の契約産地にて試験運用を開始すると発表した。

本技術は、スマートフォンで撮影した摘採(収穫)前の茶葉の画像をクラウド上でAI解析して、摘採時期の判断指標となるアミノ酸量や繊維料を推定するものだ。

茶葉は、摘採する時期が遅れると収穫量は多くなる一方で品質が低下する。日々変化する茶葉の生育状況から摘採時期を判断するためには、生産者の長年の経験から得られるノウハウ、または茶葉を採取・乾燥・粉砕のうえ専用機器で分析して見極める方法が一般的だ。しかし、摘採時期の判断は難しく、生産力向上と持続性を両立するうえで課題の一つとなっている。

そこで、茶葉の摘採時期の判断をAI画像解析で簡単にし、茶生産者の後継者育成や新規参入のハードルを下げるべく本技術が開発された。

株式会社富士通鹿児島インフォネットの保有する画像解析技術と富士通の機械学習を活用し、これらに伊藤園の画像から推定するアミノ酸量と繊維料による品質と収穫量の関係性など茶栽培に関する全般の知見を組み合わせることで、摘採前の茶葉の画像からアミノ酸量や繊維量などを推定する画像認識アルゴリズムを共同開発した。

画像認識アルゴリズムの開発に際しては、およそ2年をかけて契約産地の一部で撮影した約4,000枚の茶葉の画像をもとに、色味調整など加工を施した合計約8,500枚の画像を用いてAI学習した。

この画像認識アルゴリズムの正確性や実用性を検証するため、2022年の新茶摘採から撮影対象地域などを拡大して現場実証による試験運用を行い、2023年から契約産地での本格展開を目指すという。

本技術により、生産者の高齢化や、後継者不足の折に、茶農業への新規参入の障壁となる課題を解決し、茶農業の生産力向上と持続性を両立することに寄与するとしている。

伊藤園と富士通は、2023年の新茶摘採から契約産地で本格展開を目指す。今後も安心・安全で高品質な緑茶原料の安定生産、茶生産者の労務負担軽減や品質の向上に寄与する技術開発などにより、持続可能な農業の推進に貢献するとしている。

>>ニュースリリース