現場の安全管理・盗難防止対策にAIを活用

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社イクシスは2023年1月23日、 AI保安具チェックシステム「GENBA-Checker」およびAI侵入検知システム「GENBA-Guardian」として、現場の安全管理・盗難防止対策に活用できるAI製品をリリースしたと発表した。

人による目視確認が基本の現場安全管理

これまでの現場の安全管理は人による目視確認が基本であり、網羅性や記録性、チェックにかける工数など課題があった。これに対しGENBA-Checkerは、作業員の保安具着用チェックの部分をAI解析で自動化することで、安全管理の省力化・DX化を実現するという。

※GENBA-Checker
ヘルメット、フルハーネスといった保安具を、作業員が正しく着用しているかをAIによって判定し、判定結果の表示とエビデンスの保存を行う。判定にかかる時間は1秒以下、チェックの質を落とさずに1人にかける時間を削減できる。記録は電子データで残り、後で参照可能。

最終的に人が介在して状況を確認する現場盗難対策

これまでの現場の盗難対策は、防犯カメラによる監視や赤外線感知など、最終的に人が介在して状況を確認するという課題があった。これに対しGENBA-Guardianは、人物や車両の検知をAI解析で自動化することで、大幅な省人化を実現するとのこと。

※GENBA-Guardian
AIで人と車の検知をリアルタイムに行い、警報音の発出と、管理者にメール通知を行う。メールには検知時の画像が添付され、現場の速やかな状況の把握に役立てられる。検知したい対象や監視時間帯、対象距離といった設定を行うことで、現場ごと、設置場所ごとに合わせた最適な利用が可能。

■株式会社イクシス
https://www.ixs.co.jp/news/2754

>>ニュースリリース