会社の助成金や補助金がAIですぐにわかるサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社グランドツーは9月28日、人工知能(AI)を活用することで、自社で受給できる助成金や補助金のほか、さまざまな支援情報をすぐに診断できる「情報の泉」の無料診断ページ(外部サイト)を公開したと発表。

日本全国の補助金・助成金・融資関連の情報は9月25日現在で5000件以上あるという。同サイトでは、よく目にする厚生労働省関連のみの助成金だけではなく、日本全国の各自治体、省庁、市区町村などの支援情報9000件のなかから、自社が受給可能な助成金などをAIが選定して提示してくれる。

利用方法は「住所」「業種」「資本金」「従業員数」を入力すると、国内に存在する情報から自社で受給できる可能性の高いものだけが一覧表示される。実際に、自社で受給できる可能性の高い助成金・補助金を知ることで、経営戦略の幅が広がるとしている。

>>ニュースリリース

月収20万円は偏差値44.57、給与偏差値がわかるAI活用の求人サイトを試した

「HelloWork+」のトップページより

AIを活用することで、金銭的な診断ができるサイトと言えば、現在の自分の給与偏差値がすぐにわかるサイトにも注目してほしい。

株式会社Glovalと株式会社1st Classが8月31日から提供開始した、採用・転職市場で成功を収めるために必要とうたう、人工知能(AI)による求人データ・分析サイト「HelloWork+」(外部サイト)だ。

現時点では、「HelloWork+」はハローワーク求人のビッグデータ解析をもとに、「現在の自分の給与偏差値」「検討している企業の給与偏差値」などがわかるサービスを提供している。同サイトによると、「全国/フルタイム」においては、給与偏差値50は月給23.5万円に当たるという(2020年9月7日現在)。

Ledge.ai編集部では、そんな同サイトでさまざまな数字を入力してみた。気になる人は以下の記事まで。