株式会社日本法務システム研究所 最高品質のナレッジ管理エディタ「LAWGUE」によるコンプライアンス改革:Ledge.ai EXPO

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスパーソンの多くの時間が、雛形探しや過去資産の検索・照合という非生産的な作業によって消費されている。この現実を変えるために開発されたのが「LAWGUE(ローグ)」です。
LAWGUEのAIエンジンが、取り込んだ契約書を条項ごとに分割・保存することで、過去のナレッジを資産化。LAWGUE上で契約書の作成から共有までのプロセスを完結できるので、従来ドキュメントや文言の検索にかかっていた時間や、レビューの時間が圧倒的に縮まります。

LAWGUEの機能①契約書および作成プロセスのデータ資産化

過去に作成した契約書や自社の雛型を登録することで、AIが自動で条項別に分割管理。新規契約書作成の際には、類似・参考条項を類似性の高いものから順にサジェストします。作成中の契約書の条項と類似条項との差分もわかりやすく表示されるので、検討作業のスピードがぐっと上がります。
また、あるものの比較だけではなく、過去の類似契約書には含まれていたが今はない類似条項も自動でリストアップされるので、抜け漏れを防止することができます。

LAWGUEの機能②高性能エディタによるドラフティングの効率化

契約書を再利用する際に発生しがちなインデントの乱れ。LAWGUEなら、インデントが崩れた文章でもコピー&ペーストできれいにインデントを揃えてくれます。「及び」と「および」のような表記揺れも自動で検出。
さらに条を入れ替えると自動で番号が入れ替わり、存続条項の番号も自動で置換されます。
LAWGUEのこだわる高性能のエディタによって、これまで最終チェックにかかっていた時間を大幅に短縮することができます。

LAWGUEの機能③レビュー及びコメント作業の一元化

メンバー全員が契約書のレビューをLAWGUE上で行えば、個々人でのバージョン管理やメールの往復といった従来の煩雑なプロセスを解消することができます。
条項ごとにコメントを付けることができるので、レビューの経緯も一目瞭然。メンション機能も搭載しており、確認の依頼は即時に相手方に通知されます。

導入企業
鹿島建設株式会社/株式会社U-NEXT/中国電力株式会社/他多数

日本法務システム研究所は、こだわり抜いた製品力で社会の礎を築きます。スピード感のある開発で、日々機能をアップデートしてまいります。

問い合わせについて

会社名株式会社日本法務システム研究所
URLhttps://j-legal-system.com/
電話番号03-3868-7620
問い合わせ窓口https://lawgue.com/contact
住所東京都文京区本郷4-2-2 北信ビル4F