JCB高田馬場オフィスでAI搭載レジ「Wonder Resister」の本格導入が開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月28日から実施されていた、JCB高田馬場オフィスでのAI搭載レジ「Wonder Resister(ワンダーレジ)」の実証実験が完了。JCB高田馬場オフィスで4月から本格導入を開始すると発表しました。

商品を置くだけで金額を算出するワンダーレジ

人手不足解消や人件費削減のため、現在多くのスーパーなどでセルフレジが導入されています。しかし、セルフレジは商品をスキャンする作業が必要で、時間もかかります。

今回、JCB高田馬場オフィスで本格導入が始まったワンダーレジは、画像認識技術を用いて商品を識別し、決済まで行います。

所定の位置に商品を置くだけでよく、以前Ledge.aiで取材したベーカリースキャンと同様、人のスキャン作業の手間を省くことができます。

実証実験の流れ

①利用者が商品を置く

②ワンダーレジが商品を識別

③ワンダーレジが購入金額を算出

実証実験の結果、売店利用者の8割以上が有人レジではなくワンダーレジを利用し、従業員の業務負担が減少したそう。さらに、従業員の不在時でも商品購入が可能になり、売上が約4割増加したとのことです。

買い物にレジという概念すらなくなる?

これまでLedge.aiでは、何度か画像認識技術を用いたレジについて紹介してきました。

今回の例やベーカリースキャンでは、画像認識技術を用いてレジの商品スキャン作業の手間を削減しています。ほかに、商品を手に取り店を出るだけで買い物が終わる「スーパーワンダーレジ」という無人レジシステムもあり、赤羽駅で実証実験も行われました。

関連記事:2019年、無人レジ本格化なるか? JR東日本も実証実験完了、日本最大手企業も海外レジ無人化システム採用

人手不足が深刻化し、コンビニでは24時間営業を見直すかどうかという問題も起きているなか、AIを活用したレジシステムは私たちの日常になりそうです。近い未来、買い物にレジが必要という概念すらなくなってくるかもしれません。

Source:JCB、人工知能搭載レジを用いた実証実験を完了し、本格導入を開始