G検定やE資格の模擬テストなどが無料に

このエントリーをはてなブックマークに追加


Study-AI株式会社公式サイトより

日本ディープラーニング協会(JDLA)は10月12日に、公式Facebookアカウントにおいて、自宅で人工知能(AI)におけるディープラーニング(深層学習)について学習できるコンテンツを紹介している。今回はすべてStudy-AI株式会社が手がけたもの。

この記事では、同投稿で紹介された5つの学習コンテンツを紹介する。

1.G検定の模擬テスト(225題)が無料に

『G検定模擬テストと公式例題解説』(無料)では、ジェネラリスト検定(G検定)模擬テストの無料β版(225題)を利用申請できる。

なお、G検定はディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているか検定するもの。ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)の育成を目指す。

今回開催する2020年 第3回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #3(G検定)」は、すでに申し込みを受け付け中だ。受け付け期間は10月30日(金)の23時59分まで。開催日は11月7日(土)を予定している。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。

2.E資格の模擬テスト(20題)が無料に

『Eもぎライト(E資格模擬テストとE資格例題)』(無料)では、E資格を取り扱う「Eもぎライト」の無料β版を利用申請できる。同無料β版はE資格模擬試験から20題を抜粋しており、簡易解説付きだ。

なお、E資格はディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを認定するもの。次回の2021#1の開催は、2021年2月19日(金)と2月20日(土)を予定している。

>>E資格とは – 一般社団法人日本ディープラーニング協会【公式】

3. Slackコミュニティーが無料に

『AI自習道場』(無料)は、「G検定やE資格を目指して互いに助け合って勉強する」というコンセプトのオンライン(Slack)コミュニティー。参加ルールは「1か月に1度はAIについて学習したことを発表する」「1か月に1度はだれかの発表にコメントする」の2つが設けられている。

4.AIアプリの企画やリリースを解説するサロンが無料に

『AI開発サロン』は、AIアプリやサービスの企画段階からリリースまでについて、毎月1回ライブ配信で解説するサロン。入会費無料キャンペーンに加え、G検定/E資格取得者は受講料が50%OFFになる。

5. BERT講座が30分無料に

『BERT実装解説』(30分無料)は、実装を通して、BERT(先端の自然言語処理)の基本を学ぶ講座。無料視聴の利用申請ができる。

この記事で紹介したコンテンツは無料で学習できるものも少なくない。気になる人はチェックしてみては。