2022年第2回「G検定」受験申し込み開始 試験日は7月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、5月16日から2022年 第2回 ジェネラリスト検定(以下G検定)の受験申込受付を開始した。申込期限は6月24日(金)の23時59分まで、試験は2022年7月2日(土)の実施を予定している。

【2022年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)概要】
名称:JDLA Deep Learning for GENERAL 2022 #2
概要:ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
試験詳細:G検定とは
受験資格:制限なし
試験概要:120分、小問191問(前回実績)、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲:シラバスより出題 
受 験 料:一般13,200円(税込)、学生 5,500円(税込)
試 験 日:2022年7月2日(土) 13:00より120分
申込期間:2022年5月16日(月) 13:00 ~ 2022年6月24日(金) 23:59

受験申し込みはG検定受験サイトから。

今回の試験も各種割引制度を利用できる。前回受験日から2年以内の場合は受験料が半額で受験できる再受験制度のほか、Courseraのオンライン講座「AI For Everyone(すべての人のためのAIリテラシー講座)」の受講修了者は、受験申込時に修了証を送付すると、受験料が30%値引きされる。

「AI For Everyone」の受講レポートはこちらから。

G検定は累計7.5万人が受験し、うち4.9万人が合格している。
なお、2022年第3回のG検定は、11月5日(土)の開催を予定しているという。

>>ニュースリリース