【AI講座6選】初心者も学べるおすすめJDLA認定プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近なにかとニュースなどで話題になるのが、AIを活用した業務効率化や自動化の話。

そろそろ自社でもAIを導入したい…!」「少しでもAIの知識を付けたい。あわよくば少しだけでも自分で作れるようになりたい!」という方も、増えています。

その入口としてまず押さえておきたいのが、一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下:JDLA)が開催する「G検定(ジェネラリスト検定)」です。

G検定(ジェネラリスト検定)ってなに?

G検定(ジェネラリスト検定)とは、JDLAが開催し「ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているか」の検定・資格です。

AI関連の検定・資格が、とりあえずG検定と言われる所以は、設立者 / 理事長にあります。皆さんご存知の通り、JDLA設立者 / 理事長は、かの有名な東京大学 特任准教授 松尾 豊氏。

とりあえずAI関連の検定・資格と言えば「G検定」となるわけです。

JDLA認定プログラム!レベルに合った講座でAI人材を目指す

「とりあえず、G検定が良さそう。けど、受かる…?」となるのが普通ですよね。

「自習するのはちょっとハードルが高そう。。。」そんな時に役立つのが、JDLA認定プログラムです。

さっそく、6つの講座を紹介していきます。

スキルアップAI ── 現場で使えるディープラーニング基礎講座

まず最初に紹介するのはAIに取り掛かる前の前提知識不要の「機械学習・ディープラーニングのための数学講座」から、AI実装までを目指せる「現場で使えるディープラーニング基礎講座」など、幅広い講座を用意するスキルアップAIです。

もちろん、G検定に対応した「AIジェネラリスト基礎講座」など、以下のようにさまざまニーズに合わせた講座が豊富に用意されています。

  • 現場で使える機械学習・データ分析基礎講座
  • 機械学習を始めるためのPython入門講座
  • MLシステム構築入門
  • 異常検知基礎講座
  • 統計学・基礎編

非エンジニアであっても、数学やPythonの文法基礎から、AIの実装レベルまで目指すことができます。

講座監修は、東京大学教授・理化学研究所革新知能統合研究センター長を務める 杉山 将氏が担当しています。

公式サイトhttps://www.skillupai.com/
講座形式オンライン / オフライン
料金¥298,000~

キカガク ── ディープラーニングハンズオンセミナー Chainer コース

続いて紹介するのは、Ledge.aiが開催する「これってAIでできますか?」をテーマにAIのスペシャリストを招いて夜な夜な語るイベント「AI TALK NIGHT」にも登壇いただいた株式会社キカガク代表取締役社長 吉崎 亮介氏が提供するディープラーニングハンズオンセミナーです。

AIの主要技術であるディープラーニングの数学からプログラミング、Azure上のGPU搭載マシンでの学習計算まで、ハンズオン形式により知識やスキルを効率よく習得できます。

以下のように実践的な講座内容となっています。

  • Microsoft Azureを使用し、GPUマシンでの計算
  • サンプルプログラムを動かして終わりではなく、問題設定から考えた実践的な演習
  • 入力データとして使用する画像・時系列・自然言語のデータの特徴量の選び方を学習

講座を通して、以下の言語やライブラリを習得することが可能になります。

  • Python
  • Microsoft Azure
  • Chainer
  • Keras

カリキュラム工程は、事前学習と3日間のハンズオン。MicrosoftとPreferred Networksも公式監修しています。

Ledge.aiではセミナーへの潜入記事も公開しています。興味がある方はぜひ。

公式サイトhttps://short-term.kikagaku.co.jp/dnn-seminar/
講座形式オフライン
料金¥200,000~

zero to one ── 機械学習オンライン/ディープラーニングオンライン

zero to oneは、法人向けのAI講座をオンライン上で提供しています。

講座は以下のようなラインナップで、

  • 人工知能基礎
  • 機械学習(JSLA資格試験対応)
  • ディープラーニング(JSLA資格試験対応)
  • G検定実践トレーニング
  • デジタルマーケティング

海外のビジネス、アカデミックなネットワーク、海外優良コンテンツからカリキュラム開発された、G検定に合格するには十分な講座が揃っています。

オンライン上で学習したい方に、まずチェックしてほしいのがzero to oneです。

また、パートナーにはNVIDIAも名を連ねており、導入企業実績には、

  • CTC
  • NOMURA
  • NRI 野村総合研究所

などがあります。

zero to oneはオンラインだけではなく、個別対応のオフライン講座も開講しており、

  • 機械学習ブートキャンプ
  • ロボットを作って学ぶIoTブートキャンプ
  • まるごと学ぶIoT × AI × システム構築塾

など、最先端テクノロジーが学べる講座が盛りだくさんです。

公式サイトhttps://zero2one.jp/</td>
講座形式オンライン
料金要問合せ

Study – AI ── 現場で潰しが効くディープラーニング講座

Study – AIは、日本で初めてAI資格試験対応講座を開講しています。

講座は、基礎というよりかは、ディープラーニング実装のエンジニアの技能を習得向けになっています。

数理的な基礎原理から体系的に習得する一方、実務で必要な周辺処理や実践手法を中心に学習し、実際の現場で使えるAIの実装レベルのスキルを身につけることができます。

講座が豊富に用意されているわけではありませんが、ディープラーニング実践特化型の講座になっています。自習では物足りない方はぜひ、Study -AIのディープラーニング講座を受講してみてはいかがでしょうか。

公式サイトhttp://study-ai.com/jdla/
講座形式オフライン
料金¥450,000~

STANDARD ── AI_STANDARD for Engineering

AI_STANDARDは、3ヶ月でAIエンジニア不足を解決できる法人向け研修サービスを提供ています。

ビジネスパーソン向けには「G検定対応講座」を、エンジニア向けには「E資格認定講座」を用意しています。

カリキュラムには実務で必要不可欠な要点が盛り込まれており、ケーススタディーをもとにしたより実践的な課題も含まれています。

  • Python
  • scikit-learnによる機械学習
  • Kerasによる深層学習

などを、オンラインで学習することが可能です。

協賛企業・パートナーには、

  • Microsoft
  • NVIDIA
  • SoftBank C&S

などが名を連ねています。

公式サイトhttps://www.ai-standard.jp/
講座形式オフライン
料金要問合せ

エッジコンサルティング ── AIジョブカレ ディープラーニング講座

AIジョブカレは、AIを仕事にしたい方向けの講座が揃っています。そのため、初心者のための数学・Python講座から、機械学習・深層学習講座まで一気通貫して学ぶことができます。

特徴としては、

  • 経験豊富な講師による実践的カリキュラム
  • 実際のサンプルデータなどを使い実装を学習
  • AI関連の求人紹介

などが、AIエンジニアとしてのキャリアップを支援する仕組みがあります。

機械学習・深層学習以外にもさまざまな講座が用意されています。

  • Python + 数学講座
  • SQL講座
  • 統計 + R講座
  • ハードウェア(FPGA)活用講座
公式サイトhttps://www.aijobcolle.com/
講座形式オフライン
料金¥39,800~

AIを“今”学ばなくて、いつ学ぶ?

JDLA公式認定の講座、じつにさまざまなAI講座が用意されています。

それだけ、AI人材は求められており、AIを知り、AI作れる人の価値があがっています。今AIを学ぶことで、個人はもちろん、その個人が所属する企業にも新しい可能性が広がります。

今後、さまざまな領域でAI導入が進む中、AIを知らない、使えない企業と人の価値は下がっていくのでしょうか。

未来のことはわかりませんが、ひとつ言えるのは、“今”この時代、私たちはAIを知る必要があり、AIを作れる人が求められているということです。