JDLA認定の「E資格対策講座」が半額の29万8000円に

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社アイデミーは、日本ディープラーニング協会(JDLA)が実施するE資格試験に対応し、JDLAが認定している「E資格対策講座」の料金を従来の半額である29万8000円(税抜)に値下げすると発表した。

アイデミーが提供するE資格対策講座は、完全にオンライン完結し、いつでもどこでも学習を進められるという。そのため、忙しいビジネスパーソンや地方在住の人でも気軽に受講を始められるとのこと。また、E資格試験でも問われる人工知能(AI)におけるディープラーニング(深層学習)の技術を支える数学的基礎を完全にカバーしているとした。

さらに、座学だけではなく、実際に手を動かしてコーディングを学ぶ実技指導付きなので、すぐに現場で活躍できる人材を目指せるとする。そのうえ、不明点や疑問点に24時間以内に必ず回答できる体制で、理解と技術を身身につけられるとのこと。

2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、JDLAが主催するE資格試験は8月に予定されていた2020年第2回が中止された。アイデミーはこのような状況でもディープラーニングを学び、自分自身の事業やキャリア形成に役立てようとする人々を支援するために、E資格対策講座の定価を大幅に引き下げることを決定したという。

なお、E資格はディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを認定するというもの。次回の2021#1の開催は、2021年2月19日(金)と2月20日(土)を予定している。

>>E資格とは – 一般社団法人日本ディープラーニング協会【公式】

>>ニュースリリース

経産省、AIやデータサイエンスの無料講座を公式サイトで紹介 12月から

E資格対策講座に興味を持った人は、経済産業省が11月9日に発表した、AIやデータサイエンスなどのデジタルスキルを学べる、無料オンライン講座をウェブサイトで紹介する「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」プロジェクトにも注目してほしい。現在、同サイトに掲載を希望する無料オンライン講座を公募している。

気になる人はE資格対策講座とあわせてチェックしてみては。