2020年第3回「G検定」対策講座が無料に 約2万円分

このエントリーをはてなブックマークに追加


画像は株式会社AVILENより

株式会社AVILENは10月1日、日本ディープラーニング協会(JDLA)による2020年 第3回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #3(G検定)」の開催にあわせ、約2万円分の「G検定対策講座」を無料で提供すると発表した。期間は11月末まで。

対象は、期間中にE資格コースの新規受講を開始した人。なお、すでにG検定講座を受講中の人がE資格コースに申し込んだ場合は、G講座受講料の2万900円をキャッシュバックするため、実質的に受講料を返金する形になる。また、10月末までの申し込み限定で、AVILENが執筆した『G検定対策問題集』がもらえる。

>>ニュースリリース

「G検定」受験申し込みを受け付け中 11月7日に開催

G検定は、人工知能(AI)におけるディープラーニング(深層学習)の基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているか検定するというもの。ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)の育成を目指す。

Ledge.ai編集部では、G検定について難易度・出題範囲・参考書、問題集・合格体験記などを詳しく解説している。受験を考えている方は、以下の記事をぜひチェックしてほしい。

今回開催する2020年 第3回 G検定は、すでに申し込みを受け付け中だ。受け付け期間は10月30日(金)の23時59分まで。開催日は11月7日(土)を予定している。そのほか、詳細は以下の記事まで。