Ledge.ai、日本ディープラーニング協会(JDLA)の公式メディアパートナーに就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ledge.aiは、一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下JDLA)の公式メディアパートナーに就任しました。今後、JDLAとの連携をより密にしていきます。

ディープラーニングで日本の産業競争力を高める

JDLAは、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す協会。ディープラーニングを事業の核とする企業や有識者が中心となって、下記の活動をおこなっています。

  • 産業活用促進
  • 人材育成
  • 公的機関や産業への提言
  • 国際連携・社会との対話

より具体的には、11月24日に開催されたG検定などの資格試験の運営や、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定 公式テキスト」などの書籍の出版など。また、昨今話題となっている、政府がまとめたAIの判断の説明責任を企業に求める原則についても、JDLAメンバーが策定に携わっています。

Ledge.aiメディアパートナー就任の経緯

Ledge.aiは、「日本産業をAIでアップデートする」をミッションに掲げ、海外のAI事例、AI技術を実際に使ってみる体験記事、AIベンダー企業やユーザー企業へのインタビューなど、さまざまな切り口から情報を発信しています。

webでの情報発信だけでなく、

  • 主催カンファレンス「THE AI」
  • AIのスペシャリストが語るイベント「AI TALK NIGHT」
  • AI導入コンサルティング

など、AI技術を用いてビジネスをドライブできる人材を増やすために、多様なチャネルを通じて情報発信をおこなってきました。

一方で、JDLAもディープラーニングをビジネスに活用可能な人材を育成するため、G検定などの運営を通じて啓発を行っています。そこで、お互いに協力しあえる部分が大いにあると考え、Ledge.aiのJDLA公式メディアパートナーへの就任が決まりました。

JDLA × Ledge.aiの取り組みを強化

今後は、Ledge.aiにてJDLAのリリース情報や、JDLAの取り組みの発信をこれまでよりも加速させると同時に、両者による取り組みも強化していきます。

取り組みの一部として、12月13日にレッジが開催するAIのスペシャリストが語るイベント「AI TALK NIGHT」に、JDLA理事の井崎 武士氏の登壇が決定しました。詳しくはこちらをご覧ください。