日本ディープラーニング協会から「G検定」公式テキストが10月22日発行

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)から、同協会が主催する資格試験「JDLA Deep Learning for GENERAL(以下G検定)」の公式テキスト「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト検定) 公式テキスト」が10月22日に発行されます。

日本ディープラーニング協会お墨付き。「G検定」のための公式テキスト

日本ディープラーニング協会が主催する資格試験は、

  • G検定
    ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを認定

  • E検定
    ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定

のふたつがありますが、本書は「G検定」のためのテキスト。東京大学の松尾豊 特任准教授が理事長を務めるJDLAが監修しています。

気になる内容は?

本書はJDLAのサイトに掲載されているG検定のシラバスに準拠。試験対策のほか、ディープラーニングの基礎を学びたい人にも最適の一冊だといいます。目次は以下。

試験の概要
第1章 人工知能(AI)とは
第2章 人工知能をめぐる動向
第3章 人工知能分野の問題
第4章 機械学習の具体的手法
第5章 ディープラーニングの概要
第6章 ディープラーニングの手法
第7章 ディープラーニングの研究分野
第8章 ディープラーニングの応用に向けて(1) 産業への応用
第9章 ディープラーニングの応用に向けて(2) 法律・倫理・現行の議論

次回のG検定は11月24日。試験対策はお早めに

次回のG検定は11月24日。申込期間は10月25日(木)13:00〜11月15日(木)24:00となっています。

Amazonで予約も開始しているようです。受験予定の方もそうでない方も、ぜひ本書を手にとってみてはいかがでしょうか。