特許庁、AIやIoTの審査基準を描いたマンガを公開 職員自ら作成「荒削りで至らぬ点が多々あるかと思いますが……」

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省 特許庁は4月5日、人工知能(AI)やIoT(Internet of Things、モノのインターネット)関連技術を題材に、特許の審査基準の基本的な考え方を漫画化した「漫画審査基準~AI・IoT編~」を公開したと発表。

本マンガでは、中小企業やスタートアップ企業、大学などの関係者に親しみを持ってもらいやすいように、スタートアップ企業の社長と従業員を主人公に設定したという。AIやIoT関連技術の特徴的な判断部分だけではなく、どの技術分野でも共通するような特許審査の基本的な考え方も解説してくれる。

本マンガは特許庁の審査基準室の職員が自ら作成しており、特設サイトには「漫画としては荒削りで至らぬ点が多々あるかと思いますが、あたたかいご理解を賜れれば幸いです」とコメントがある。特許庁は本マンガにより、専門家以外の人にも、特許の審査基準を知ってもらい、特許審査に興味関心を持ってもらうことを目指すとしている。

>>ニュースリリース

特許庁、AI関連発明の審査環境を整備するチームを発足 各部門が担当する技術分野を超えて連携

また、経済産業省 特許庁は1月20日、AI関連の発明について、効率的かつ高品質な審査ができる環境を整備するために、「AI審査支援チーム」を発足したと発表。同チームは管理職員やAI担当官などで構成され、AI関連発明に関する審査環境の整備を担う。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。