JR東海、新幹線の座席の濡れをAIで検知 中腰作業を立ち作業に

このエントリーをはてなブックマークに追加

東海旅客鉄道株式会社(JR東海)と新幹線メンテナンス東海株式会社は11月26日、東海道新幹線の車内を点検・整備する際に使用するサーモグラフィカメラを活用した「座席濡れ検知装置」を開発したと発表した。

JR東海によると、1日あたり100本を超える列車を点検・整備し、1列車あたり2座席程度の座席の濡れを確認しているという。

従来、座席の濡れの有無の確認は、整備スタッフが「濡れ検知機能付ホウキ」を使用し、1編成あたり約1300席の全座席を1席ずつ確認していた。確認時は中腰作業で腰の負担が大きかった。

今回導入した「座席濡れ検知装置」は、立ち姿勢で装置を座席方向に向けるだけで座席の濡れを検出し、装置の画面と音声により整備スタッフへ通知できる。

3席分または2席分をまとめて自動で確認し作業性が改善され、整備スタッフの身体的負担を軽減できる。整備スタッフの習熟度に拠らずに素早く正確な点検が可能になるという。

整備スタッフの身長差や撮影角度のズレ、車内の明るさの違いなどの影響を受けずに正確に検知エリアを認識し、座席の濡れを検出するために、以下の機能を開発した。

(1)機械学習技術を活用した画像分析により、座席・座面を自動的に認識する機能
(2)赤外線画像から座面部分の温度を取得し、濡れ箇所を自動的に判定・表示する機能

本装置の導入コストは約5200万円。2021年11月に全スタッフの教育を完了させ、12月より全面使用開始する。

>>ニュースリリース