駅そばロボットで従業員約1人分以上の作業を代替 1時間で150食も生産

このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本スタートアップ株式会社とコネクテッドロボティクス株式会社は3月10日から、株式会社JR東日本フーズと協力し、そばいちペリエ海浜幕張店に「駅そばロボット」を導入した。

「駅そばロボット」は、2020年のそばいちnonowa 東小金井店における実証実験で得た知見をもとに、改良を加え、ロボットアームを2本に変更した。前回の3倍以上の生産能力を発揮し、大幅に導入可能な店舗が増えたという。

本ロボットは、1本目のロボットアームが生そばを番重から取り出し、テボ(ゆでザル)に投入。その後、2本目のロボットアームでゆでる、洗う、締めるという一連の調理工程を実施する。生そばにおける一連の調理行程を完全自動化することで、店舗全体の約12時間分程度、従業員約1人分以上の作業量を代替できるという。また、1時間あたりのそば生産量は150食にもおよぶ。

JR東日本スタートアップによると、ロボットアーム2本を活用した人間と協働できる調理ロボットの実店舗導入は日本初という。コロナ禍では、非接触のニーズの高まりもあり、ロボット調理の重要性は広がっていると言える。3社は2026年までにJRフーズが運営する駅そば店舗30店への導入を目指すとしている。

気になる味については安定したおいしさを提供するとしている。近くの人は立ち寄ってみては。

>>ニュースリリース