JR九州、伊藤忠ら協力で実証試験を開始 改札をAI映像解析で放送案内を向上

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)は2月17日、伊藤忠テクノソリューション株式会社ら4社と共同で、乗客が安心して利用できる駅づくりを目的とした駅改札口での映像解析AI(人工知能)などを用いた実証試験を実施することを発表した。本試験は3月1日から8月31日まで実施される。

本実証試験では、運賃箱付近にはきっぷ投影用カメラとモニター、改札上部には録画カメラを設置。改札の利用状況をカメラ映像からAIで解析し、その測定結果をもとに効果的な巡回や放送案内をすることでサービス向上を図る。

また、改札口上部のカメラで撮影した映像から、乗客が機器を利用する際の姿勢や移動経路を分析し、改札・精算機や運賃箱の利用状況を測定する。なお、実証試験ではAIによる顔画像の抽出や顔認証など個人を特定する解析はしないとしている。

利用方法は右記のとおり。きっぷの場合、きっぷや乗り越し運賃を「きっぷ投影用モニタ」にかざした後、運賃箱に投入する。磁気定期券の場合、「きっぷ投影用モニタ」かざして出場すれば利用できる。一方、精算機やICカードを使用する場合はこれまでどおりの利用方法となる。

実証試験の実施駅は、福岡県を走る香椎線のうち、奈多駅や香椎神宮駅、舞松原駅、土井駅の4駅での実施を予定している。

>>ニュースリリース