JR西と大阪ガス、AI強風予測システムを湖西線で試験導入

このエントリーをはてなブックマークに追加

西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)と大阪ガス株式会社は、両社で共同開発した強風予測システムをJR西日本湖西線沿線で試験導入すると発表した。大阪ガスの気象予測技術と、JR西日本のAI開発技術を掛け合わせ、列車運行の安全性向上や利用客へのスムーズな情報周知をねらう。

琵琶湖の西岸・近江塩津駅から京都市内までを結ぶ湖西線は全線高架式になっている。湖西線の乗客は車内からの眺めを楽しめる反面、沿線西側の山々から突発的に吹き下ろす強風「比良おろし」(風速20m/s以上、最大風速50m/s以上と強い台風に匹敵するときも)による遅れや運転見合わせが多く発生しやすく、長年強風に悩まされてきた。

2社は2019年から強風予測に関する共同研究を行ってきた。大阪ガスは2008年から独自手法による気象予測を開始し、AIの活用による精度向上にも取り組み、2018年には気象予報業務の許可を取得している。JR西日本は2017年から本格的にデータサイエンスの取り組みを開始し、2020年には「データソリューション室」を設立。データ分析やAIを用いた業務変革を進めている。

今回の強風予測システムは、大阪ガスの高解像度気象予測データをJR西日本が開発したAIモデルが解析し、指令所のPCに予測結果を送信。従来よりも高精度に、24時間先までの風速・風向を予測する。

本導入に向けて検証を進めていきつつ、今後は他の路線や鉄道会社、道路関係事業者への展開など、風により影響を受ける分野への展開も視野に入れているという。

>>ニュースリリース

JR西日本は現在、AIによる鉄道設備の点検や着雪量予測など、AI・データサイエンスを活用した課題解決に積極的に取り組んでいる。