AIリスク情報収集システム、ドローンを活用した発災初動期における状況把握手法の実証|浜松市

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社JX通信社は2023年1月19日、浜松市ファンドサポート事業における取組みを推進している株式会社トラジェクトリーの実証実験に技術協力すると発表した。これは災害時の臨時ネットワーク網の構築を目的としたドローン実証実験の一環で、発災初動期(風水害)における状況把握手法のひとつとして、同社のAIリスク情報(SNS)収集システム「FASTALERT」を活用するもの。

迅速かつ適切な現況把握や初動対応の在り方を検証

浜松市では、令和4年台風第15号により広範囲で浸水被害があり、市道の橋が一部崩落、通行止め、片側交互通行、土砂崩れ、住宅被害などが発生した。迅速かつ適切な現況把握や初動対応の在り方を検証するため「AIを活用したSNS等からの状況把握技術」「ドローン等のIoT機器の活用による広域把握技術」「正確かつ迅速な現況モデリング技術」のそれぞれを組み合わせた状況把握手法の実効性を検証するとのこと。

※FASTALERT(ファストアラート)とは
AIがSNSやNewsDigestから災害、事故、事件などの情報を自動収集し、デマ情報の排除・位置情報の推定を経てリアルタイムでWeb配信するリスク情報提供サービス。
https://fastalert.jp/public

実証実験の概要

◾実証日時・場所等
1 実施日時
令和5年1月24日(火) 午前10時30分〜11時30分

2 実施場所及びドローン離発着地点
浜名協働センター

3 スケジュール
【午前10時】
現地受付開始
【午前10時30分〜11時30分まで】
⓪プロジェクトの説明
①SNSによる災害時の情報収集
②災害時の臨時ネットワーク網の構築
③ドローン飛行実証・映像配信
④取材質問対応、機体展示

◾JX通信社
取組内容に関する問合せ先  :biz@jxpress.net (JX通信社 公共戦略部:広兼)
報道や取材についての問合せ先:info@jxpress.net (JX通信社 広報担当:和泉)

>>ニュースリリース