新型コロナ第6波「教育施設」での感染が約40%増 感染事例施設ビッグデータで判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社JX通信社は1月20日、全国の新型コロナウイルス感染事例施設ビッグデータを分析したところ、オミクロン株による直近の第6波では、従来と比べて幼稚園や小学校など「教育施設」での感染事例が約40%増加していると発表した。

同社はニュースアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」で、全国の新型コロナウイルス感染事例を施設ごとに収集・掲載した「コロナ・防災マップ」機能を提供している。

NewsDigestの「コロナ・防災マップ」では、企業や自治体の発表をもとに、全国の感染事例がある施設の情報を収集し、地図上に表示している。こうした情報はAIで収集されるほか、ユーザーが公表された情報を提供できる機能もあり、新型コロナウイルスの国内での感染拡大が始まってから、累計30万回以上の投稿が寄せられている。

同社は、新型コロナウイルスのいわゆる「第1波」の拡大初期(2020年4月1〜15日)、デルタ株による「第5波」の感染拡大初期(2021年7月15〜31日)、オミクロン株による「第6波」の感染拡大初期(2022年1月3〜17日)のそれぞれで収集された情報について、施設の種別ごとに割合を示した。

このグラフを見ると、店舗での感染事例に関する投稿数が多い点では第5波と第6波で共通しているものの、内訳は変化していることがわかる。

第6波では第5波と比べて、企業などの「オフィス」における感染事例が大きく減少した一方で、「教育機関」における感染事例が約40%増加していることがわかった。特に、幼稚園や小学校などの低年齢でワクチン未接種の子どもを対象とする教育機関で集中的に感染事例が増加していた。

また、第6波では情報提供の量もかなり増加している。以下のグラフは右軸に、第5波でデルタ株の感染拡大が始まる直前だった2021年7月1日を「1」として、ユーザーからの情報の投稿量を示したものだ。左軸には国内における新規感染者の数も示している。

グラフを見ると、2021年7月後半に新規感染者の数が急増するのとほぼ同時に「施設の情報提供数」も増加していたことがわかる。感染者と同時期にピークに達し、10月後半から12月は感染者がごく少数にとどまっていたため、提供件数もかなり少ない状態が続いた。

しかし、2022年に入ってからは、新規感染者数・施設情報提供件数ともに急激な上昇を見せた。前日からの投稿増加率を計算すると、デルタ株感染拡大期には前日比2〜3割増にとどまっていたのに対し、オミクロン株感染拡大期となる今回は前日比4〜6割増で推移し、急速な拡大傾向が明らかになった。