カゴメとNEC、AIでトマトの営農を支援する新会社をポルトガルに設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

カゴメ株式会社と日本電気株式会社は7月に、AI(人工知能)を活用して加工用トマトの営農を支援する合弁会社「DXAS Agricultural Technology(ディクサス アグリカルチュラル テクノロジー)」をポルトガルに設立予定であることを発表した。

加工用トマトの生産は新興国を中心とした人口増加や経済成長にともない、今後も拡大が見込まれている。しかし、持続可能なトマト栽培には、生産者の減少や環境への負荷などの課題に取り組む必要がある。

カゴメとNECは、環境に優しく収益性の高い営農の実現を目指して、2015年よりAIを活用した営農アドバイスの技術開発や事業検証に着手し、ポルトガルやスペイン、オーストラリアなどで実証試験を重ね、現在では7ヵ国で事業を展開している。

2020年4月に、両社は戦略的パートナーシップ契約を締結し、カゴメ内に新設されたトップ直轄組織「スマートアグリ事業部」を中心に、NECの農業ICTプラットフォーム「CropScope(クロップスコープ)」を使った営農アドバイスの機能・品質の向上を図り、営農支援事業のマーケティングと将来の可能性を研究してきた。

今回、営農支援事業における技術開発のさらなる加速や営業活動の強化を目的に、新会社による事業を開始する。カゴメのトマト営農に関する知見と、NECのAIを用いた分析・予測技術を融合させ、主に欧州や米州、オーストラリアの加工用トマト市場の営農支援を加速していく。将来的には日本での事業展開も目指して検証を続けるとのこと。

AIを活用して営農の収益性を高める「CropScope」

CropScopeはNECの農業ICTプラットフォームで、AIを活用した営農のアドバイスと、センサーや衛星写真を活用した圃(ほ)場の可視化という2つのサービスを持つ。

営農アドバイスサービスでは、熟練者のノウハウを習得したAIが、環境に優しく収益性の高い営農を促進する。また、技術継承がかんたんになり、新規就農者の増加が期待できる。

圃場可視化サービスでは、広大な圃場の状況を見える化し、すぐに異常に気づけるため、栽培リスクを低減できる。また、客観的なデータに基づいた全体最適な収穫調整で、生産性向上を図れる。

>>ニュースリリース