KDDI、2022年度中途採用を過去最大400名に 昨年度比2倍に増加

このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIは2022年度の中途(キャリア)採用計画として、昨年度比で2倍となる過去最大の400名を採用することを発表した。また、2023年度の新卒採用計画では、昨年度比で微増の270名採用を予定している。

さまざまな人材の確保で、au 5Gを活用した新規事業の創出、金融などの非通信事業の強化、社内外のデジタルトランスフォーメーション(DX)など、通信を核とした事業の多角化を加速させる。

2022年度の中途採用計画では、成長領域の事業拡大にともない、顧客の経営課題を踏まえたDX戦略の策定とソリューション開発を担う人材の採用を強化する。なかでも、プロダクトマネージャー、コンサルティング営業、ソリューションエンジニアなどの専門性を持つ人材の採用を加速していく。

すでに入社している中途社員の中には、Amazon Web Services(AWS)のエキスパートであるAWSヒーローに認定されたソリューションアーキテクトなど、多様な人材が活躍している。

2022年度の新卒採用では、初期配属領域を確約するジョブ型採用枠「WILLコース」 か、自身の専門分野に関わらず、幅広い事業領域・技術領域で経験を積みたい人向けの採用枠「OPENコース」のどちらかのみを選択できた。2023年度新卒採用では、「WILLコース」で応募する場合に、「OPENコース」と併願できる「併願制度」を開始する。なお、2022年度同様、新卒採用数の5割を「WILLコース」で採用する。

KDDIは2023年度までに、社内外でDXを推進するDX人材をグループ全体で約4000名に拡大する予定だ。5G以降の時代に向けて、人材教育に加え、社内外の変革をリードする人材の採用活動も強化する。

>>ニュースリリース