KDDI、マスク未着用者をAIで検出 感染経路の調査も

このエントリーをはてなブックマークに追加


画像は「KDDI IoTクラウドStandard サーマルカメラパッケージ」イメージ図

KDDI株式会社は9月14日から、エコモット株式会社と株式会社WDSの協力のもと、画像認識技術を活用した建物に入室する人の体表面温度の自動測定や、マスク未着用者の検出と着用を促す「KDDI IoTクラウドStandard サーマルカメラパッケージ」を提供開始した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響により、ユーザーが建物に入場入室をする際に、従業員が非接触体温計を活用し、体表面温度を測定する企業や店舗が多く見られる。マスク未着用の人には従業員が声をかけ、協力を仰いでいるのが現状だ。

主な機能イメージ図

「KDDI IoTクラウドStandard サーマルカメラパッケージ」は、建物の入り口にサーマルカメラを設置し、約0.3秒で人物の体表面温度を測定する。マスク未着用の人を検出し、その場で音声により着用を促すこともできる。

計測した温度や属性情報はクラウド上に保存するため、必要に応じて、過去データから感染経路をすぐに調査できる。事業所などでは、事前に人物を登録し、体表面温度などの情報との紐づけすることで、本人を特定することも可能だ。

>>ニュースリリース

マスク未着用の人を検出する無料サービス ユーザーローカルが提供開始

KDDIなど3社だけではなく、さまざまな企業が新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、対策サービスに乗り出している。

マスク未着用の人を検出するサービスはめずらしいと思われるかもしれないが、同様のサービスにも前例がある。株式会社ユーザーローカルが8月11日から無償で提供開始した、マスク着用を自動判定する「マスク着用判定AI」だ。

「マスク着用判定AI」は、店舗の入口やオフィスのエントランスなどにPC・Webカメラを設置することで、来訪者がマスクを着用しているかどうかを深層学習(ディープラーニング)技術で判定し、マスクを着用してない人がいた場合には音声でメッセージを発してくれる。

なお、本サービスは、PCのWebブラウザーでURLにアクセスするだけで動作する。プライバシーに配慮しており、外部ネットワークとの通信をせずに、PC端末内でマスク着用を判定できる。WebカメラにつながったPCが必要で、対応WebブラウザーはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge。

現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためにマスク着用を義務付ける店舗やオフィス、図書館など公共施設も少なくない。しかし、マスク着用の有無を厳格にチェックするためには、店頭やエントランスに監視スタッフを配置する必要がある。ユーザーローカルはこのような状況を踏まえ、マスク着用判定AIを開発したとしている。