京葉銀行、AIで本人確認をオンライン化 口座開設を2週間から2営業日に短縮

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社京葉銀行は、「口座開設アプリ」の後継サービスとして9月14日から取り扱いを開始する「WEB口座開設」サービスの本人確認手続きにおいて、株式会社Liquidが提供するサービス「LIQUID eKYC」を採用した。

「LIQUID eKYC」は、最高水準の顔認証精度、OCR読取精度を誇るとうたうサービス。人工知能(AI)による学習で、今後も精度性能が向上するという。

これまでの「口座開設アプリ」では、口座開設の申し込みを受け付け、その後キャッシュカードなどを本人限定受取郵便で送付することで本人確認していたため、口座開設完了までに2週間程度の日数を要していた。

今回取り扱いを開始する「WEB口座開設」では「LIQUID eKYC」を採用することで、スマートフォンのカメラで本人確認書類と本人の顔を撮影するだけで、オンラインで本人確認が完結できるようになる。口座開設の申し込みから2営業日程度で口座番号などを確認できるなど、利便性が大きく向上するとのこと。

>>>プレスリリース