アバター姿で面接!メタバース空間での新卒採用活動がスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加

木村情報技術株式会社は2023年1月13日、同社初となるメタバース空間での新卒採用活動を開始したことを発表した。まずは2024年卒の新卒採用から、インターンシップや会社説明会、面接を自社オリジナルのメタバースプラットフォーム「KIMULAND(キムランド)」で行うという。

オリジナルのメタバースプラットフォーム「KIMULAND」

同社は2022年からメタバース事業に本格参入し、同年9月にオリジナルのメタバースプラットフォーム「KIMULAND」のサービス提供を開始した。

「KIMULAND」には会議室や講演などに活用できるホールやアクティビティが備わっており、誰でも自由に利用できる。企業や学校法人を中心としたイベントがすでに100回以上開催され、延べ5,000人以上がメタバース空間を体験しているという。

メタバース空間の活用範囲をさらに拡大し、新卒採用活動を行う

同社はすでにメタバース空間で働く「メタバース社員」の募集を開始しているが、今回メタバース空間の活用範囲をさらに拡大し、新卒採用活動においてもメタバース空間で行うこととなった。

メタバース空間の活用の範囲を新卒採用活動にも広げることで、企業側、学生側双方にとってのよりよいコミュニケーションにつなげたいという。

「対面の面接の場合、お互いに緊張した空気のまま終わることも多いが、メタバース面接の場合は、アバターの姿のせいか緊張がほぐれるのが早く、打ち解けた雰囲気になることで学生の素の部分が見えやすい」と同社はコメントしている。

メタバース空間での新卒採用活動の概要

・採用活動のうち、インターンシップ、会社説明会、1次面接までをメタバース空間で行う
・2次面接、3次面接は対面(リアルまたはオンライン)で実施
・都合によりメタバース環境での参加が難しい学生に対しては、別途相談に応じ柔軟に対応する

■新卒採用サイト
https://www.k-idea.jp/recruit/

■メタバースプラットフォーム「KIMULAND」
https://www.k-idea.jp/kimuland/

■木村情報技術株式会社
https://www.k-idea.jp/

>>ニュースリリース