近大、AI活用などを扱う「情報学部」2021年4月から ソニーでプレステ生んだ久夛良木健氏が学部長に

このエントリーをはてなブックマークに追加

近畿大学(近大)は2022年4月から、東大阪キャンパスに、人工知能(AI)活用やデータ分析、サイバーセキュリティ対策などを取り扱う「情報学部」を開設すると発表した。近畿大学が新たな学部を開設するのは2016年の国際学部以来6年ぶりで、情報学部は15番目の学部になる。



同大学は情報学部では、「Society 5.0」の実現に向けたクリエイティブな情報技術者を育成するカリキュラムと、実社会と結びついた教育(産官学連携)を実施。第4次産業革命(IoT、ビッグデータ、AIなどの技術革新)が進展するなか、社会から強く求められる先端IT人材の育成を目指すとしている。

具体的には、情報学部では「社会のニーズに応える情報技術者としてふさわしい問題発見能力」「制約のなかで他者と協調しながら問題を解決する能力」「情報分野における幅広い専門技術の知識とそれらを問題解決に応用できる能力」「システム構想・設計力、プログラミング能力を想定」に加え、「国際的に通用する英語コミュニケーション能力と技術者倫理を身につけた人材の育成」を目標としたカリキュラムを想定しているという。


新規CTA

情報学部では「知能システム」「サイバーセキュリティ」「実世界コンピューティング」の3コースを設置する。それぞれのコースでは、サイバー空間に蓄積する大規模データの利活用やセキュアな流通、Society 5.0の根幹となるサイバー空間と実世界との橋渡しに関する技術を学べるとする。

情報学部の学部長には、ソニーグループにおいて「PlayStation(プレイステーション)」の開発を指揮し、ソニー株式会社の取締役副社長兼COO、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧ソニー・コンピュータエンタテインメント)の代表取締役会長兼グループCEOなどを務めた久夛良木健氏が就任予定という。

情報学研究所も開設、ドワンゴの夏野剛氏が所長に

また、2020年4月1日には、情報学部の開設を見据え、情報に関わる新技術の調査研究およびICT技術の教育方法の調査研究と、研究の成果を社会実装に結びつけるコネクターをめざすことを目的に「近畿大学情報学研究所」を開設する。所長は株式会社ドワンゴ代表取締役社長の夏野剛氏を迎えた。

近畿大学情報学研究所は、これからの超デジタル社会に必要とされる「知能システム部門」「サイバーセキュリティ部門」「実世界コンピューティング部門」「ICT教育部門」の4部門を設置した。最新の研究成果を情報学部の教育活動にフィードバックすることで、AIなどの高度なICT技術を利活用できる人材育成のための教育に寄与するとしている。

【情報学部 概要】
・開設時期:2022年4月
・開設場所:近畿大学東大阪キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)
・入学定員:330人
・学科構成:情報学科(1学科制)
・学位:学士(工学)

>>ニュースリリース

ソニーでプレステを手がけた久夛良木健氏、AI新興のCEOに就任

今回、近畿大学の情報学部に就任予定の久夛良木健氏は2020年に、AIスタートアップ企業のアセントロボティクス株式会社の取締役会に就任している。久夛良木健氏は同社CEOの就任に際して、「最高経営責任者としてテクノロジーとビジネスの両面においてチームを強力にけん引」すると意気込みを述べていた。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。


新規CTA