キリンビール、醸造計画立案にAIを導入 年間4000時間以上を削減で「働きがい改革」推進

このエントリーをはてなブックマークに追加

キリンビール株式会社(以下キリンビール)は11月29日、株式会社NTTデータ(以下NTTデータ)と共同で、仕込み・酵母(こうぼ)計画システムを開発したと発表した。本システムは、ビール類を製造する仕込み・発酵工程において、最適な仕込・酵母計画をAIを活用して自動立案する。

2021年10月時点で全9工場(※1)において、本システムの試験運用を開始した。2022年1月より本格運用を開始予定とのこと。

(※1)キリンビール北海道千歳工場・仙台工場・取手工場・横浜工場・滋賀工場・名古屋工場・神戸工場・岡山工場・福岡工場

ビールの醸造は、おもに仕込み、発酵、貯蔵、ろ過、保管の5つのプロセスから成る。プロセスは発泡酒や新ジャンルでも、ほとんど同じである。

本システムにおけるAI導入部分は、仕込みから発酵の工程である。商品のパッケージング・出荷を見越して原材料を仕込み、どの液種をどのタンクに移していくかAIが計画する。

ビール類の原材料を仕込み、発酵する工程における「仕込み・酵母計画業務」は熟練者の知見に頼る複雑な作業である。さまざまな条件を考慮しながら計画を立案するため、作業に時間がかかり、技術伝承が難しいという。

本システム開発では、2020年12月より全9工場で導入したろ過計画システムをベースに、NTTデータと共同で各工場熟練者へヒアリングし、制約を洗い出した。問題に対する制約条件を満たす答えをコンピューターで効率よく見つける技法「制約プログラミング技術」を活用し、熟練者の知見を顕在化させ、標準化した。NTTデータは、本システムに関する業務・システム要件の整理や、制約プログラミングエンジンの開発・チューニングなどを実行した。

熟練技術者のノウハウが取り込まれた本システムの導入により、「仕込み・酵母計画業務」の属人化を防ぎ、熟練技術の伝承が実現できるという。本システム導入により、導入前に比べて全9工場合計で年間1000時間以上(※2)の時間創出を見込んでいるとのこと。

キリンビールは、2019年から「ろ過計画」自動化の段階的な運用を始めた。今回のシステム導入により、すべてのビール類を醸造する計画業務においてAI導入が実現する。これにより、年間合計4000時間以上の時間の創出を見込んでいるという。

各工場では創出された時間で、さらなる品質向上への取り組みや、若手の育成など、価値の創造を実行するという。これにより「働きがい改革」のさらなる推進と、より高いレベルの品質管理における製造体制が期待できるとする。

(※2)全9工場で、システム導入前の2020年に「仕込・酵母計画業務」にかかった時間から12カ月分の削減時間(業務改善による削減時間を含む)を算出

>>ニュースリリース