徳之島町×コウズ|公式ウェブサイトにおけるAI実証実験に関する連携協定を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社コウズと鹿児島県徳之島町は2023年1月12日、徳之島町公式ウェブサイトにおけるAI実証実験に関する連携協定を締結したことを発表した。同協定は徳之島町公式WebサイトにコウズのWeb解析・改善アドバイスAI「Groweb!Ai Answer」を導入し、閲覧者のニーズに寄り添ったサイト運用の実現と、徳之島町でのICT人材の育成を目的とした実証実験を実施するために締結したもの。

奄美群島全体で解決するべき課題は多い

鹿児島県徳之島町は、町民向けの生活情報に加え、事業者へ向けた情報や町政情報など多くの情報を発信している。近年では奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の世界自然遺産登録に伴う観光関連情報を求める観光客への発信など、閲覧者それぞれのニーズも複雑化しており、閲覧者に合わせた情報発信のあり方も課題のひとつとなっている。さらにDXを推進する中で、離島におけるICT人材確保という課題もあり、奄美群島全体で課題解決に取り組むべきものと考えているという。

コウズは2018年2月、グループ会社の株式会社グローバライズコーポレーション本社所在地を鹿児島県奄美市へ移転。自治体Webサイトを閲覧する人々の利便性向上と、ICT活用促進をするべく奄美市と連携した。今回の徳之島町との連携協定締結を受け、奄美群島のさらなるICT活用促進につなげていくとのこと。

AIが提案する仮説に基づき、改善施策の実施と効果検証を繰り返す

実証実験では、アクセス解析ツールに取り溜められる数値からAIが提案する現状課題や課題解決への仮説に基づき、改善施策の実施と効果検証を繰り返すことで、Webサイトの利便性が向上するよう導くという。同時に、徳之島町公式Webサイト独自の改善知見データがAIに蓄積され、より精度の高いウェブサイト運用への可能性が期待されるとのこと。

■Groweb!Ai
https://groweb-ai.jp

■株式会社コウズ
https://kous.co.jp

>>ニュースリリース