一律10万円の特別定額給付金、職員による支給業務を自動化するAIを無償提供

このエントリーをはてなブックマークに追加


画像は特別定額給付金の特設サイトより

株式会社NTTデータは5月1日、「特別定額給付金」支給業務をする地方公共団体向けに、紙資料をデジタルデータ化するAI-OCRサービス、RPAソリューション、RPAソリューションのeラーニングを無償提供すると発表した。無償提供の期間は、給付金支給期間である2020年5月1日から2020年7月31日まで。

NTTデータが無償提供するソリューションを利用すれば、地方公共団体職員は、導入作業をするだけで給付金支給業務の自動化が可能になる。


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

自動化することで迅速な支給開始につなげる

現在、地方公共団体等の各種行政機関は、新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、特別定額給付金の迅速な支給開始が求められている。これにあわせ、各自治体の職員からは、支給業務開始のための準備作業に追われている声が挙がっているそうだ。

NTTデータでは2020年4月から、紙資料をデジタルデータ化するAI-OCRサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」とRPAソリューション「WinActor」eラーニングを無償提供していた。

今回、特別定額給付金が決定したことを受け、職員の業務増加による負荷軽減に寄与するために、NTTデータの自動化ソリューションを無償提供することに至った。

申請書のテキストデータ入力業務などを補助

特別定額給付金の支給業務では、住民からの給付金申請を電子申請または紙の申請書により受け付け、データのシステム入力や、支給審査を行い、入金処理まで実施している。

NTTデータの自動化ソリューションでは、AI-OCRによる紙の申請書のテキストデータへの変換およびRPAによるテキスト・データのシステム入力、支給審査業務における突合チェック、振り込みデータ作成などを補助する。

自動化ソリューションの申し込みについては、NTTデータに問い合わせをすればいいとのことだ。

>> NTTデータ
>> プレスリリース