レジなしローソンが川崎に出店、購入は自動決済で店員は品出しのみ

LowsonGo
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソンは2月26日〜5月25日までの期間、商品を店から持ち出すだけで自動決済できる実証店舗を、神奈川県川崎市内にオープンしている。

出店場所は、ローソンと技術協力する富士通の開発拠点「富士通新川崎テクノロジースクエア(以下、TS)」の内部で、同社の社員のみが利用できる。





従業員は品出しのみ、レジ業務削減で人手不足解決へ

富士通新川崎TSレジレス店は、店舗内にレジを置かず、食品・飲料・デザートなど250種類の商品を販売する。午前9時〜午後5時営業、土日祝日は休業。酒・タバコの販売はなく、ATMの設置もない予定。
画像はローソンニュースリリースから

店舗従業員は商品の品出しだけを担当し、レジ業務は一切行わない。

人口減少によって人手が足りないのは小売業にとって大きな課題だ。無人レジを導入することでピーク時間帯のレジ対応業務をなくし、品出し効率を良くして機会ロスを削減する狙いがある。

今回の実証実験には3社の技術が活用されている。
・VCOGNITION TECHNOLOGIES, INC(米国):レジなし店舗システム
・株式会社ローソンデジタルイノベーション:入店、決済アプリ
・株式会社富士通研究所:マルチ生体認証※3月16日~

入店にはクレジットカードを紐づけた専用アプリが必要

利用する際は、専用アプリのダウンロードが必要だ。アプリ上で発行されたQRコードを改札機のようななゲートにかざすことで、ロックが解除され入店可能になる。

画像はローソンニュースリリースから

決済はクレジットカードとアプリを連携させて行われる。アプリの連携には、「Apple ID」「Googleアカウント」「LINEアカウント」のいずれかが必要だ。

画像はローソンニュースリリースから

Amazon Go①の仕組みと同じように、店舗内に設置されたカメラとセンサーで購入商品を検知。購入した商品分の料金が退店後にクレジットカードから自動引き落としされ、レシートがアプリに表示される。

実験店舗での結果をもとに、今後の展開へ役立て、今夏までに一般向け店舗へ拡大する可能性もあるという。

導入コストが高い理由でなかなかデジタル化が進まない日本のコンビニ業界は、無人店舗の普及に向けて加速するのか。注目していきたい。

①Amazon Go: Amazonが今年1月にアメリカはシアトルでオープンした、商品を手に取り、お店を出るだけで決済が完了するリアル店舗。センサーやAIで「棚から顧客がピックアップしたもの」を認識し、お店から出ると自動的に請求される。