ローソン、AIで店舗の配送ダイヤを最適化 配送台数は約8%削減 CO2排出量も約7%削減

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はローソン 公式サイトより

株式会社ローソンは8月6日、株式会社オプティマインドと共同で、AI(人工知能)による店舗配送ダイヤグラムの最適化の実証実験を開始すると発表した。

本実証実験ではオプティマインドのAIを活用し、当日の各店舗の在庫状況や発注数量をもとに、現在は3カ月間固定となっている店舗配送ダイヤグラムを毎日最適なダイヤグラムに組み替える。日々の物量変化にあわせた配送体制を構築し、「物流効率を極限まで高める」ことを目指すとうたう。

配送台数は約8%、CO2排出量は約7%削減

まずは2021年10月から、群馬県の常温・冷凍の配送センターから管轄店舗約400店舗に向けた配送を、オプティマインドのAIが作成した3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムで実施する。

事前に配送センターの配送車両48台の走行軌跡をGPSで詳細に解析したうえで、店舗ごとの物量データを加味し、AIで店舗配送ダイヤグラムを作成したところ、配送台数は約8%(4台)削減し、CO2排出量は約7%(年間約100トン)削減できることがわかった。

今後、ほかの配送センターでもAIによる店舗配送ダイヤグラムでの配送を順次広げていく予定という。

配送台数は約15%削減、CO2排出量を約17%削減

ローソンは2023年度中には、AIが当日の各店舗の在庫状況や発注数量をもとに、毎日自動で作成する最適な店舗配送ダイヤグラムでの低温・常温・冷凍の配送をする予定とする。群馬県の配送センターでのシミュレーション上では、配送台数は約15%削減、CO2排出量は約17%削減できることがわかった。

店舗配送ダイヤグラムが毎日変更となることに対する店舗の負荷軽減策として、バックヤードへの納品専用エリアの設置、納品時間枠の設定、在庫状況も加味した店舗ごとの納品優先度の反映などもあわせて検討しているという。

>>ニュースリリース