ディープラーニング開発で飛躍を続けるLeapMind。初のカンファレンス「DeLTA TECH」を8月31日開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あらゆるモノにDeep Learningの恩恵を」をコンセプトに、組込み型ディープラーニングの研究・開発をおこなっているLeapMind株式会社が、創業開始から初となるカンファレンス「DeLTA TECH 2018」を8月31日に開催します。

Ledge.ai(レッジエーアイ)でもメディアスポンサーを務める当カンファレンスの概要と魅力をお伝えします。

保有するディープラーニング技術の公開からAIのビジネス活用ノウハウまで網羅

DeLTA TECH 2018 はかなり奥まで深掘った技術的な内容から、ディープラーニングをどのようにビジネスに導入し、実用していくのかといった内容まで網羅し、技術とビジネスという2つの軸で進められます。

当日の各テーマを見るだけでも、ビジネスにおけるAIの利活用を模索している方々にとってはかなり興味深い講演ではないでしょうか。

技術的な観点で言えば、LeapMind独自の研究・開発により、計算量を小さくし、より高速化されたディープラーニングが今後ビジネスにおいてどのように活用されていくのか「DeLTA-Liteを支える技術」といった講演は押さえて置きたいですね。

その結集した技術をどのように実用化していくのか、DeLTAのエコシステムは何を実現しようとしているのか。そして組込みディープラーニングが発展した先にLeapMindはどのような世界を見ているのか、さまざま視点からAI活用を思考できる良い機会です。

カンファレンス後には個別相談会も実施

カンファレンス終了後には、LeapMindのコアメンバーによる個別相談会も行われる予定です。

  • 自分たちの業務はAIを使えるのか
  • そのアイデアは実装可能なのか
  • どのようにすればより高い精度がでるのか

自動運転工場生産過程の自動化など、具体的な事例を持つLeapMind。すでにお持ちのユースケースや課題の解決に導く場となっています。

多種多様なスキルやバックグラウンドを持ったLeapMindのコアメンバー

カンファレンスでは、LeapMindのCEOをはじめ、マネージャーやエンジニアなどさまざまなスキルやバックグラウンドを持った7人のスピーカーが登壇します。

登壇者

安村 修一(Product Manager)

法政大学大学院情報電子工学専攻修了。株式会社三菱東京UFJ銀行にて国内勘定系ホストおよび業務支援システムの開発担当・プロジェクトマネージャーを経験。Deep Leaning等の最先端技術に興味があり、LeapMindにジョイン。共同研究事業のプロジェクトリーダーを担当後、プロダクト開発マネージャーとして、組込みDeep Learningモデル構築ソリューション「DeLTA-Lite」の開発に従事。

藤原 健利(Web Application Engineer)

東京工業大学大学院機械宇宙システム専攻修了。在学中は数値シミュレーションを用いた流体力学の研究に従事。卒業後は人材系ベンチャー企業でWebサービス・社内システムの開発を担当。Deep Learningの開発に携わりたく、LeapMindにジョイン。組込みDeep Learningモデル構築ソリューション「DeLTA-Lite」の開発に従事。

脇坂拓也(Full Stack Engineer)

Webサービス設計・構築を主軸に、Webデザインなども手がけるSIerとして活動。フルスタックエンジニアとして技術支援を提供するインタラクティブなプロジェクトにも従事。

今井 健男(Compiler Engineer)

長らく大手メーカーの研究所にて、LSI設計手法やプログラミング言語、ソフトウェア工学の研究に従事。その後LeapMindにジョインし、Deep Learning向けのコンパイラ開発を担当。訳書(共訳)に『抽象によるソフトウェア設計−Alloyではじめる形式手法−』、『型システム入門−プログラミング言語と型の理論−』。

兼村 厚範(Chief Research Officer & Chief Scientist)

京都大学大学院情報学研究科修了、博士(情報学)。大学や国研を経て2018年7月にLeapMind株式会社にChief Research Officer & Chief Scientistとしてジョイン。ヒトを取り巻く様々なデータを知的に解析し、ヒトを支援する技術の研究開発を推進。産総研 招聘研究員、ATR 連携研究員などを併任。日本神経回路学会論文賞など受賞。

野尻 尚稔(FAE)

米国系半導体ベンダにてCPUとDSPをベースとしたデバイスの設計に従事した後、コンフィギュラブルプロセッサIPのFAE、システムレベル設計環境、プロセッサIP、システムIPのFAEとして国内半導体ベンダの数々のプロジェクトを支援。2018年4月よりLeapMind株式会社にジョイン。

松田 総一(代表取締役CEO)

エンジニアのスキルを可視化・マッチングするサービスを2010年に立ち上げ、シンガポール支社を設立。同事業を事業譲渡。その後、個人投資家からの出資と自己資金で2012年LeapMind株式会社を設立。
インターネットと同じくらい重要な技術である「ディープラーニング」をあらゆるモノに適用させる「DoT(Deep Learning of Things)」を加速させるため、ディープラーニング技術を「コンパクトに、シンプルに」する組込み向け技術を開発・提供。

「Industry 4.1」をテーマに一歩先の新たな世界へ

DeLTA TECH 2018 のテーマは『Industry 4.1』。現在起こっている第4次産業革命、いわゆる情報革命の一歩先を見据え、歩みを進めていこうというメッセージが含まれています。

当カンファレンスにはディープラーニングに対して同じような志や情熱を持った仲間が集まり、人脈作りや情報交換の場としても、アツいイベントになりそうです。

創業6周年を迎え、たしかな成長を遂げているLeapMind。6年間で培ってきた技術やスキルを余すことなく公開する内容満載のDeLTA TECH 2018は要注目です。

興味のある方は、是非公式エントリーサイトよりお申込み下さい。
「DeLTA TECH 2018」お申し込みこちら