風力発電機メンテナンスロボットの開発で3億円の資金調達を実施|LEBO ROBOTICS

このエントリーをはてなブックマークに追加

LEBO ROBOTICS株式会社は2023年2月15日、Abies Ventures Fund I, L.P.、三井住友海上キャピタル株式会社、KDDI株式会社他を引受先とした第三者割当増資により、3億円の資金調達を実施したことを発表した。

高所でブレードメンテナンスを行うロボットが必要に

高所でブレードメンテナンスを行うロボットは、今後グローバルで急拡大する風力発電機へ適切なメンテナンスを提供するために必要となる。特に風力発電機が大量に設置されている欧米では、人手を補完する労働力としてのロボットが注目されている。

資金調達により、同社が目指している「人々が快適で幸せな生活を送りつつ、環境を維持できる世界」の実現に向けてさらに事業成長を加速させていくという。今ラウンドでの資金調達は引き続き継続して行うとのこと。

※風力発電機メンテナンスロボット
地上からの遠隔操作で、空中にあるブレードに対して研磨/パテ塗布/塗装等の作業を高所で行うロボット。スキャナとカメラを搭載し、ブレード形状や状態を把握し、適切な作業を行うことが可能。

■LEBO ROBOTICS株式会社
https://www.leborobotics.com/

>>ニュースリリース