要約AIは使う側のリテラシーも要るよねという話:夢はある。AIはどうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースで業界の動向や情報を知るだけでなく、それをどうやって社内の説得材料に使っていくのか?ニュースを知ることで、どう自社のAI活用/DXが進むのか?

悩み多きAI/DX担当者に向けて、電通グループの全社横断AIプロジェクト「AI MIRAI」統括を務める児玉拓也氏と、AI/DX関連ニュースを「活用」まで導くためのラジオ。今週は以下の3本立てでお送りします。

  • 要約AIは使う側のリテラシーも要るよねという話
  • 伸びるAI市場。ところでAIってどこまで?
  • Kaggler採用のアレコレ

これまでYouTubeで配信していましたが、stand.fmへ移行しました。都合により、来週からまたYouTubeでの配信となります。

視聴はこちら

stand.fmのアプリでも視聴可能です。

パーソナリティ

株式会社電通 AI MIRAI統括
児玉 拓也氏

株式会社電通国際情報サービス AI MIRAI統括/AIビジネスプランナー。2017年より、電通グループ横断のAI活用プロジェクト「AI MIRAI」の統括を務める。60以上のプロジェクトに関与しつつ、主に大企業におけるAI活用のコツを、ビジネスサイドの立場から発信している。「The AI 3rd」をはじめとするイベントでの登壇実績も多数。

株式会社レッジ 広報
高島 圭介

前職では、PRコンサルタントとしてBtoB企業を中心に、数々の企業のメディアリレーションを担当。Ledge.aiでは最先端のAIビジネス活用について数々の企業に取材するとともに、レッジ自体の広報活動も行なっている。