6/11(金)【無料ライブ配信】富士通クラウドテクノロジーズが開発したフォークリフト操作のAI判定システム、開発の裏側

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッジがAIのスペシャリストを招いて開催する参加費無料のウェブセミナー「Ledge.ai Webinar」では、さまざまな業界で活躍するAIのスペシャリストをお招きし、最先端の情報に触れる機会を提供します。

>>過去のイベントはこちら

ディープラーニングを活用したシステムでフォークリフト操作の安全性評価を効率化、その手法とは?

近年、ディープラーニングを活用したシステムやサービスは増加しており、作業の効率化やコスト削減に大いに貢献することが期待されています。一方で、どのようにディープラーニングを自社の業務に適用し、DXを進めていくべきかわからない、難しいという考えをお持ちの方も多いのが現状です。

6月2日、富士通がサントリーロジスティクスにおけるフォークリフト操作を、AIで判定し、安全運転評価業務を効率化したというプレスリリースを発表。サントリーロジスティクスでは従来、フォークリフトのドライブレコーダーのデータを人による目視で検査し、運転の安全性を評価・フィードバックしていました。このシステムにより、安全運転評価業務にかかる時間を約50%削減したといいます。

そこで今回は、本システム開発に携わった富士通クラウドテクノロジーズのお二人をお招きし、課題やディープラーニングを活用したシステム開発の苦労やノウハウなどを深堀りします。AIで自社の業務効率化を検討されている方はぜひご参加ください。

登壇者紹介

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
データディレクター
林 真亜子氏

データディレクターという立場で、様々なAI活用プロジェクトを提案・推進中。人工衛星データ提供サービス「Starflake」のプロダクト担当。

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
データサイエンティスト
深町 侑加氏

AI活用プロジェクトにて、前処理からモデリングまでのデータサイエンスを担当。主に物流業や建設業、製造業の画像解析プロジェクトを複数推進。人工衛星データを用いた研究開発にも携わる。

株式会社レッジ 広報
Ledge.ai ライター/編集
高島 圭介(モデレーター)

前職では、PRコンサルタントとしてBtoB企業を中心に、数々の企業のメディアリレーションを担当。Ledge.aiでは最先端のAIビジネス活用について数々の企業に取材するとともに、レッジ自体の広報活動も行なっている。

視聴はこちらから

当日、時間になりましたら下記から視聴が可能です。

※大きい画面でご覧になりたい場合はクリックしてYouTubeにてご視聴ください。
※質問やコメントはYouTubeのチャット欄よりいただければ登壇者が適宜回答させていただきます。ぜひご質問をお寄せください。

開催概要

イベント名Ledge.ai Webinar vol.27『富士通が開発したフォークリフト操作のAI判定システム、開発の裏側』
開催形式YouTube Live
開催日時2021年6月11日(金)17:00〜18:00
タイムライン17時00分 自己紹介・運営紹介
17時10分 富士通クラウドテクノロジーズによるショートプレゼンテーション
17時30分 パネルディスカッション
17時55分 フリートーク・質疑応答
18時00分 閉会
※終了時刻は前後する可能性があります。
登壇者<スピーカー>
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 データディレクター 林 真亜子氏
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 データサイエンティスト 深町 侑加氏
株式会社レッジ 広報 Ledge.ai ライター/編集/ 高島 圭介(モデレーター)
参加費無料