【無料ウェビナー多数】サプライチェーンの需要予測、人間の脳とAIの共進化「Brain-AI」など

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社レッジが開催する、ビジネス現場でのAI(人工知能)活用に関する参加費無料のウェブセミナー「Ledge.ai Webinar」。さまざまな業界で活躍するAIのスペシャリストをお招きし、最先端の情報に触れる機会を提供しています。

2021年8月下旬には「Ledge.ai Webinar」を3回開催します。テーマはそれぞれ自然言語処理、AIとデジタルツイン、脳科学や神経科学の知見とテクノロジーを掛け合わせた「Brain-AI」です。興味のある方はぜひ視聴してください!

8/20(金)【無料ライブ配信】自然言語処理でビジネスパーソンが注目すべき技術とは?BERT以降の変遷とこれから

8/20(金)には、Ledge.ai Webinar vol.32『自然言語処理でビジネスパーソンが注目すべき技術とは?BERT以降の変遷とこれから』を開催します。

2018年にGoogleから発表された自然言語処理「BERT」は、「人間を超えた」と言われる認識精度で、業界に大きな衝撃をもたらしました。それから3年が経過し、昨年はOpenAIの発表したGPT-3が話題になるなど、さらに活発化している自然言語処理の領域です。

今年6月に「BERT」による自然言語処理の入門書を上梓したストックマーク株式会社の近江崇宏氏をお招きし、近年の自然言語処理のビジネストレンドや事例について伺います。

自然言語処理でビジネスパーソンが注目すべき技術とは何か? 最近はどのような事例が生まれているのか? 興味のある方は当日、時間になりましたら以下からご覧ください。

※大きい画面でご覧になりたい場合はクリックしてYouTubeにてご視聴ください。
※質問やコメントはYouTubeのチャット欄よりいただければ登壇者が適宜回答させていただきます。ぜひご質問をお寄せください。

8/24(火)【無料ウェビナー】AIとデジタルツインでサプライチェーンは再構築できるのか

8/24(火)には、Ledge.ai Webinar vol.33『AIとデジタルツインでサプライチェーンは再構築できるのか』を開催します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、企業のサプライチェーンは大きな打撃を受けました。工場の閉鎖や需要の急増減といった急激な変化に、ロジスティクスの体制を見直す企業は少なくありません。

サプライチェーンの柔軟性は、震災をはじめとする災害や疫病への重要な対策として従来から指摘されていました。そして、今後発生しうる突発的な事象に対応できるよう、今まさにサプライチェーンの再構築が求められています。

本ウェビナーでは、これからのサプライチェーンに求められる、業務プロセスの改革や、需要予測やサプライチェーンの可視化などITインフラの強化をAIやデジタルツインの活用で支援する株式会社グリッドをゲストとしてお招きします。

サプライチェーンの可視化をしたい方やSCM管理組織の強化をしたい方、サプライチェーンとAIによる課題解決について学びたい方、そのほかサプライチェーンに関わる業務を担当している方は、ぜひ以下のページからお申し込みください。

※Zoom接続が初めての方は、こちらからZoomへの接続性をテストできます。
※初めてZoomをご利用になる方は、ソフトウェアのインストールが必要です(所要時間1、2分)。
※登壇者と同業者と思われる場合には、参加をお断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

8/26(木)【無料ウェビナー】2025年には市場規模5兆円、人間の脳とAIの共進化「Brain-AI」の可能性

8/26(木)には、Ledge.ai Webinar vol.34『2025年には市場規模5兆円、人間の脳とAIの共進化「Brain-AI」の可能性』を開催します。

脳科学や神経科学の知見とテクノロジーを掛け合わせた「Brain-AI」。人間が自覚していない“本質的に必要なデータ”を脳から取り出し、AIを活用して課題を解決するアプローチです。ヘルスケアやエンタメのみならず、マーケティングや人材評価など、すでにあらゆる領域で活用が進み始めています。

企業のAI活用においても、モデルの高度化やラベル付コストの低減、機密情報保持をはじめ、さまざまな進化が見込まれており、近年は、BMIと呼ばれる脳波などでインターフェイスを操作する技術の研究も進んでおり、米国や中国、EUで研究プロジェクトや投資が積極的に実施されています。

そこで本ウェビナーでは、
・AI×脳科学の専門組織を持ち社会実装などを支援する株式会社マクニカ 楠氏
・脳波処理では国内の第一人者であり、脳科学とAIの連携に関する研究を続ける東京農工大学 田中教授
・脳波とAIを組み合わせアノテーション効率化などを手がけるInnerEye Ltd. 篠原氏
の3名をゲストとして迎えします。

「Brain-AI」の基礎や活用事例、今後の展望などに興味のある方は、ぜひ以下のページからお申し込みください。

※Zoom接続が初めての方は、こちらからZoomへの接続性をテストできます。
※初めてZoomをご利用になる方は、ソフトウェアのインストールが必要です(所要時間1、2分)。