8/24(火)【無料ウェビナー】AIとデジタルツインでサプライチェーンは再構築できるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

サプライチェーンの“混乱”と“再構築”

COVID-19の影響で、企業のサプライチェーンは大きな打撃を受けました。
工場の閉鎖や需要の急増減といった急激な変化に、ロジスティクスの体制を見直す企業は少なくありません。

サプライチェーンの柔軟性は、震災をはじめとする災害や疫病への重要な対策として従来から指摘されていました。そして、今後発生しうる突発的な事象に対応できるよう、今まさにサプライチェーンの再構築が求められています。

そこで、本ウェビナーでは、これからのサプライチェーンに求められる、業務プロセスの改革や、需要予測やサプライチェーンの可視化などITインフラの強化をAIやデジタルツインの活用で支援する株式会社グリッドをゲストとして招き、ウェビナーをおこないます。

グリッド社の提供するアプリの画面

申込対象者

・サプライチェーンの可視化をしたい方
・SCM管理組織の強化をしたい方
・サプライチェーンとAIによる課題解決について学びたい方
・その他、サプライチェーンに関わる業務を担当している方

登壇者紹介

株式会社グリッド 代表取締役社長
曽我部 完

2009年にGRID創業。機械学習/深層学習AI開発プラットフォーム「ReNom」を開発・提供。「インフラライフイノベーション」を使命に、サプライチェーン、エネルギー、交通、通信などの社会インフラを中心にAI開発に取り組む。各分野のドメイン知識とAI技術を融合させ社会インフラの様々な課題解決事業を展開する。

Ledge.ai 編集/広報
高島 圭介(モデレーター)

前職では、PRコンサルタントとしてBtoB企業を中心に、数々の企業のメディアリレーションを担当。Ledge.aiでは最先端のAIビジネス活用について数々の企業に取材するとともに、レッジ自体の広報活動も行なっている。

申し込みはこちら

下記のフォームを入力いただくことで参加登録が完了します。1時間以内に、ご登録いただいたメールアドレス宛に、運営事務局から当日使用するZoomのURLを記載したメールをお送りします。

※Zoom接続が初めての方は、こちらからZoomへの接続性をテストできます。
※初めてZoomをご利用になる方は、ソフトウェアのインストールが必要です(所要時間1、2分)。
※登壇者と同業者と思われる場合には、参加をお断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承下さい。


グリッド社の提供するデジタルツイン・最適化について

コロナ禍により、多くの企業でDX推進が加速化すると共に、同時に地球課題である脱炭素化に向けた取り組みも重要視され、経済と環境を両立させた変革であるGXが急速に求められています。こうした社会変革に対応するために開発されたソフトウェアプラットフォーム化である「ReNomApps」。

「ReNomApps」では企業の段階的なGX化にも対応するため、デジタルツインによる業務とCO2の「見える化」、見える化に加え業務とCO2排出量の「最適化」、そして最終的なシステム連携と3つの段階での導入を可能にします。

GRID社が提供する「ReNomApps」がもたらすGX

開催概要

イベント名Ledge.ai Webinar vol.33『AIとデジタルツインでサプライチェーンは再構築できるのか』
開催形式Zoomウェビナー
開催日時2021年8月24日(火) 14:00〜15:00
タイムライン14時00分 開始/運営紹介
14時05分 プレゼンテーション・パネルディスカッション『AIとデジタルツインでサプライチェーンは再構築できるのか』
15時00分 終了
参加費無料・事前登録制