カシオが導入したレッジのAI-OCRツール データ入力業務を約90%効率化

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社レッジは、限定的にリリースしていた画像解析型のAI-OCRツールを、カシオ計算機株式会社が採用し導入することを発表します。

すでにカシオ計算機における特定業務においては、レッジのAI-OCRツールを使うことで、人による目視・入力に比べて作業時間を9割近く削減することに成功しています。

レッジはAI特化型メディア「Ledge.ai」を運営するほか、本件のようにAIソリューションの企画・開発にも携わっています。

最初から「完璧」を求めずに、現実的に「使えるツール」を開発

OCRに関するツールは、AIの活用事例としても非常に豊富です。型にはまれば大きな成果を出しやすい分野ではありますが、いくつかの“条件”が存在する場合はうまく活用することが難しいとされています。

-うまく利用することが難しくなりやすい条件-
・読み取る対象エリアが多く、かつ非構造化状態
・対象の構造やレイアウトパターンが複雑で無数にある
・スキャンデータなど元のインプットデータ精度が悪い

そこでレッジでは上記の状況に対応できるツールを目指すため、認識精度向上による“正面”からの対応ではなく、「一部だけ認識すればいい」「たとえ認識精度が低くとも履歴からの推論で当てる」方式を採用しました。そのため、ツールによる不完全な読み取りパターンと、人間によるデータ修正の履歴を学習させています。

このAI-OCRツールに関するプロジェクトでは、初期のPoC、ツール開発、失敗、改善という無数のフェーズによって実に2年以上の期間を経てver1.0が完成しました。しかし、初期のPoCでは何とかなった認識部分が運用フェーズの初期段階ではまったく機能しないこと、人力のほうが速いと言われたことなど、一時はプロジェクト凍結の危機に陥りました。

しかし、度重なるハードルによって得られた“失敗データ”を蓄積し学習することで、現実的に「使える」「使いやすい」ツールの完成に至りました。

AI-OCRは紙情報・資料を構造化データ変換や活用するフローに関わる負荷を大幅に下げられる可能性があるとして、さまざまな企業が抱える課題の解決に繋げられるソリューションとして期待されています。

AIの企画・開発についての問い合わせはこちらから

レッジではAIをはじめとした先進技術に取り組む挑戦を支えるため、AIを活用した未来をクライアントとともに描き、学習モデルの構築、PoCやUI/UXの設計実装など開発フェーズのプロジェクトマネジメントまで行います。

過去には、株式会社日立製作所とさいたま市、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(損保ジャパン)とともに実施したインフルエンザの流行予測を可視化できるWebサイト「インフルエンザ予報」のプロジェクトや、ククレブ・アドバイザーズ株式会社の不動産法人営業支援ツール「CCReB AI(ククレブ・エーアイ)」の開発に参画しています。

「いま、本当に取り組むべきイノベーションは何であるべきか」から、座組・設計・実装・運営までをサポートする体制を築きました。

AIを活用した新しいサービスの開発や社内業務の効率化などなら、お気軽に我々レッジにご相談ください。まだ具体的なAIの用途はご検討中といった企業様でも、貴社のビジネスモデルや業務フローをコンサルタントがヒアリングさせていただき活用方法をご提案いたします。