アーカイブ配信中:出光興産とグリッドによる「AIを活用した計画策定最適化ソリューション」ウェブセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

AI専門メディア「Ledge.ai」を運営するレッジは「Ledge.ai Webinar」を定期的に開催しています。Ledge.ai Webinarは、さまざまな企業や業界からAIのスペシャリストを招き、パネルディスカッション形式で最先端の情報に触れられるウェブセミナーです。

10月14日(水)に開催したLedge.ai Webinarでは、「出荷予測や最適化技術でサプライチェーンはどう変わる?AIを活用した最適化ソリューション」をテーマに、サプライチェーンにおける課題を解決する「AI最適化ソリューション」を提供する株式会社グリッドと、すでに「AIを活用した最適化」を部分的に進めている出光興産株式会社が登壇。「サプライチェーン」をキーワードに、AIを活用した出荷予測がもたらす変化について、現場課題に基づいた実運用されるための計画策定といった切り口から、有識者のパネルディスカッションをお届けしました。

大変多くの方からの参加申し込みがあった一方で、「アーカイブ配信してほしい」という声が非常に多数寄せられたことをうけ、今回特別にアーカイブ配信いたします。アーカイブ配信はYouTubeに限定公開しており、ご希望の方にURLをお送りいたします。ご希望の方はアーカイブ配信申し込みフォームに必要事項を記入し、お申し込みくださいませ。

こんな方におすすめ
●配船計画・生産計画・配合計画など計画業務において課題を感じている方
●属人化している現場オペレーションを自動化したい
●計画業務のスピード向上を目指したい
●計画業務の標準化を目指したい
●サプライチェーンに関わるコストを削減したい
●バランスシートを圧縮したい
●サプライチェーンのデジタル化を推進したい

登壇者紹介

出光興産株式会社 流通業務部 企画課
村上 正

出光興産(株)流通業務部は、国内製油所にて精製された燃料油をタンカーによる海上転送とローリーによる陸上転送の連携で全国のお客様にお届けしております。また石油製品を「安全」かつ「安定供給」することを社会的使命として担っている物流部隊です。2018年より最先端技術のAIを活用した配船業務の効率化、油槽所出荷量予測システムに取り組んでおり、両プロジェクトを企画・推進すると共にPMとして従事しています。

株式会社グリッド 代表取締役社長
曽我部 完

2009年にGRID創業。機械学習/深層学習AI開発プラットフォーム「ReNom」を開発・提供。「インフラライフイノベーション」を使命に、サプライチェーン、エネルギー、交通、通信などの社会インフラを中心にAI開発に取り組む。各分野のドメイン知識とAI技術を融合させ社会インフラの様々な課題解決事業を展開する。

Ledge.ai ライター / 編集
高島 圭介(モデレーター)

前職では、PRコンサルタントとしてBtoB企業を中心に、数々の企業のメディアリレーションを担当。Ledge.aiでは最先端のAIビジネス活用について数々の企業に取材するとともに、レッジ自体の広報活動も行なっている。

実現するのは「無理です」と言われていた取り組み なぜグリッドはできた?

製造業や物流業界における「計画策定」業務は非常に時間コストのかかる業務であり、ベテラン担当者への属人性が高くなるなど言われています。この課題は多くの企業が抱えている悩みでしょう。

出光興産とグリッドによるウェブセミナーでは、この計画策定を実証実験に至るまでの道のりなどが明かされました。両社が取り組んだのは、石油元売り業界の喫緊の課題であった熟練担当者の経験や職人技に依存した配船計画策定を、AI最適化技術を用いて最適化および自動化を目指すというもの。今年6月に発表したプレスリリースでは、過去の実績データとAIによる配船結果を比較検証したところ、安定供給を実現しつつ輸送効率を最大20%程度改善できる配船計画の作成に成功したと明かされています。くわえて、さらに、計画立案速度も格段に向上し、これまで計画立案に要していた時間のおよそ1/60まで削減できたといいます。

関連記事:出光興産らがAIで配船計画を最適化 計画時間は1/60に削減

ウェブセミナーでのパネルディスカッションでは、AIを活用した配船計画最適化ソリューションについて、グリッドの曽我部さんが「本当に難しいことをやっていることは事実です。しかし、難しいことを実現することに価値があるとグリッドとしては考えています。従来の配船計画業務について、村上さんに1から10まで教えてもらいつつ、考慮することを一個一個理解し、数式に落とし込んでいました。たとえば、石油がどれだけ積まれると船が何cm沈んでしまうとか、ポンプの径のサイズが変わるとどれだけ石油転送時間が変わるのかなど、挙げるとキリがないほどのことをひとつずつ考慮しています」と話しました。

また、出光興産の村上さんは、グリッドとの取り組みについて「最初は実現できるのかが不安でした。ただ、今回の取り組みについてチャレンジし、実施してくれたのがグリッドさんだけでした。実は実施検討段階では社内や関係者からも『無理です。そんな簡単な業務ではない』と言われていたんですよ(笑)。しかし、打ち合わせやヒアリングを重ねていくうちに、グリッドさんの理解力と吸収力の高さから逆に気づかされる点がいくつもあったんです。このようなやり取りを続けた結果、いまのソリューションが形になってきたのだと思います」と話されました。

今回のウェブセミナーでは、計画策定業務に課題をもたれている視聴者からも非常に多くの質問が寄せられました。時間の都合で答えきれなかった質問については、後日公開予定のウェブセミナーのレポート記事で補足いたします。

寄せられた質問例
●人間の経験・感覚・会社のオペレーションをシミュレータに反映していく際のプロセスが、非常に大変なのではないかと感じておりますが、どういった手法でされているのでしょうか?
●配船計画において、船や製油所のトラブル、天候など、突発的な事項はどの程度、どのようにシミュレーションに織り込まれるのでしょうか?
●バリューチェーンで考えると、自社だけでなくサプライヤーなど取引先のシステムとも連携しなければならないと思います。取引先を巻き込む(システムを入れる)際のハードル(費用やセキュリティなど)はどのようにクリアしたのでしょうか?
●日本のみならず世界全体での配船も理論上は可能でしょうか?
●たとえば今年のコロナのような不測の事態が起きた場合にも、計画の修正など含め、どれくらいの時間で対応できるものなのでしょうか。計画の修正をかけた時点ですぐさま新しい計画を出せるのか、ある程度の時間が必要になるものなのでしょうか?

出光興産とグリッドによるウェブセミナーアーカイブ配信のお申し込みはこちら