Ledge.ai Webinar vol.4開催!『企業はデータサイエンティスト不足をどう解決するべきか』

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッジがAIのスペシャリストを招いて開催する「Ledge.ai Webinar」。Zoomでのウェビナーをパネルディスカッション形式でお送りします。

Ledge.ai Webinarとは?
株式会社レッジが定期主催する、参加費無料のWebinarです。
さまざまな業界からAIのスペシャリストをお招きし、最先端の情報に触れる機会を提供します。

データサイエンティスト不足をどう解決する?

昨今のAIブームで、多くの企業がAI導入・活用に取り組んできました。実際にサービス化に至るケースもあれば、PoCで頓挫してしまうケースもあり、様々な業界で「まずはやってみる」フェーズだったと言えます。

次のフェーズに差し掛かりつつあるいま、AIを活用したサービスやプロダクトがKPIに貢献しているのか、コストに見合っているのか、想定通りのパフォーマンスをしているかなど、具体的なビジネス要求を満たす必要性が求められてきています。そしてそんな中、ビジネス側とデータ側をブリッジできる人材として重要視されるデータサイエンティストは不足していると言われています。

そこで本ウェビナーでは、AI導入・活用に取り組む企業はその不足をどう解消すべきか、データサイエンティストは今AIプロジェクトにおいてどんな役割が求められるのか、などについて、マクニカネットワークス社やメルカリ社の事例から紐解きます。

参加費は無料です。

※登壇者と同業者と思われる場合には、参加をお断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

登壇者紹介

マクニカネットワークス株式会社 AIビジネス部第1課
太田 愛美

当社にてAI活用によるビジネス変革を目指すお客様に対し、課題の設定、解決に向けた提案、実装、運用までの支援に従事。
H2O.aiの製品担当としては、日本市場での営業戦略立案・実行、また個別案件での提案活動を通してお客様の課題解決とAutoMLの普及を目指し日々活動中。

株式会社メルカリ Director
木村 俊也

2007年よりSNS企業にてレコメンデーションエンジンやグラフマイニングエンジン開発を担当。そのほか、自然言語処理学の 知見を活かした広告開発やマーケティングデータ開発にも携わる。 2017年より株式会社メルカリにて研究開発のオフィサーを担当し、AIを中心とした幅広い研究領域のリサーチおよびプロダクト開発を担当。

株式会社レッジ 執行役員 / Ledge.ai編集長
飯野 希(モデレーター)

株式会社レッジの執行役員兼Ledge.ai編集長。2016年3月に株式会社ビットエーへ入社。AI特化型メディア「BITAデジマラボ(現Ledge.ai)」を立ち上げ、編集長に就任し、日本最大級のAIメディアに成長させる。AIコンサルティング事業の立ち上げも行い、2017年10月にはBITAデジマラボの部隊を株式会社レッジとして子会社化。

お申し込みはこちらから(事前登録をお願いします)

本セミナーはオンライン形式で行い、インターネット配信いたします。ご自身のデスクやご自宅からご参加いただけます。ご自身のPCもしくはスマートフォン等でご視聴ください。
お申し込みいただいた方へ、開催日前日(6/24日付)までに参加用URLをご案内いたします。ご案内先は申し込み時に入力いただいたメールアドレスとなります。

申し込みフォーム

※Zoom接続が初めての方は、こちらからZoomへの接続性をテストできます。
※初めてZoomをご利用になる方は、ソフトウェアのインストールが必要です(所要時間1、2分)。

開催概要

イベント名Ledge.ai Webinar vol.4『企業はデータサイエンティスト不足をどう解決するべきか』
開催形式zoomウェビナー
開催日時2020年6月25日(木) 17:00〜18:00
タイムライン17時00分 パネルディスカッション『企業はデータサイエンティスト不足をどう解決するべきか』
17時50分 質疑応答
18時00分 終了
登壇者<スピーカー>
太田 愛美(マクニカネットワークス株式会社 AIビジネス部第1課)
木村 俊也(株式会社メルカリ Director)
飯野 希(株式会社レッジ 執行役員 / Ledge.ai編集長)
定員300名
参加費無料・事前登録制