ライフ、AI需要予測を導入 作業時間を年間15万時間も削減

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はライフ 公式サイトより



株式会社ライフコーポレーションは2021年1月19日、スーパーマーケット「ライフ」に、日本ユニシス株式会社と共同開発した人工知能(AI)需要予測による自動発注システム「AI-Order Foresight」を導入すると発表した。

「AI-Order Foresight」は、販売実績・気象情報・企画情報などの各種データをもとに、小売店舗における日々の商品発注数を自動算出するサービスだ。すでに一部店舗では2020年2月から利用開始しており、2021年2月までにライフ全278店舗で稼働を予定しているという。

日配品発注業務を年間15万時間削減できる

ライフコーポレーションは以前から、冷蔵を要さない食品「ドライグロサリー」を対象にした自動発注システムを導入していた。しかし、販売期間が短い牛乳などの日配品を対象とする高精度な自動発注システムの導入には至っておらず、店舗・商品ごとに従業員が発注数を毎日算出する作業に多大な時間を要していたという。

このような課題を受け、ライフコーポレーションは2018年から、日本ユニシスと共同で本サービスについて研究開発を実施し、店舗での実証を進めてきた。今回、販売期間が短く精度面で対応が困難だった牛乳などの日配品でも、本サービスを用いることで、発注の自動化を実現したという。

本システムはすでに現在240店舗以上で稼働し、日配品発注業務を年間15万時間削減できることを確認しているという。また、2020年3月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の影響にともなう激しい需要供給変動でも、商品欠品・廃棄ロスの悪化を防ぎ、適切な発注量の計算を実施できているとのこと。



今後は、システムを導入することで、対象商品の発注作業時間の5割超である年間20万時間を削減することを目指すという。なお、削減した時間は顧客対応や売り場メンテナンスの強化に活用し、顧客満足度の向上と従業員の働きやすい環境の構築を目指すとしている。

>>ニュースリリース(ライフコーポレーション)

>>ニュースリリース(日本ユニシス株式会社)

江崎グリコ、収益改善に向けたAI需要予測は始まったばかり

需要予測と言えば、江崎グリコ株式会社は、AIを活用し、気象データや売り上げデータなどをもとに、新製品の売れ行きを予測する仕組みの構築を目指している。Ledge.ai編集部による同社への取材で明らかになった。

気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。