LINE、AIでレシートや領収書を読み取り コスト削減目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINE株式会社 AIカンパニーは9月3日、LINE CLOVAの人工知能(AI)技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」において、各種会計書類に特化した『CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)』『CLOVA OCR(請求書特化型)』の提供開始を発表した。

レシートや領収書が多く流通している

現在、リモートワークをはじめとする新たなワークスタイルにより、急速なデジタル化やペーパーレス化が進む中、バックオフィス業務におけるデジタル化も注目されており、今後もさらにこのような流れは加速していくと予想される。

しかし、実際は紙のレシート・領収書・請求書がいまだに多く流通しており、それらのデータを手作業でのインプット・アウトプットや加工・成形などアナログ作業から脱却できず、デジタル化によるバックオフィスの工数・コストの削減が進められない企業も多く存在する、とLINEは指摘している。

初期運用コストや工数が膨大になるケースも

「CLOVA OCR」は、書類・画像に記載された文字・文章をテキストデータへ変換するサービス。伝票や領収書の登録、モバイルアプリ上における情報入力など、はんざつな入力作業を簡単にし、時間を大幅に削減できる。手書き文字、斜めになった文字、歪んだ文字でも高い精度で認証でき国際会議ICDARでは、2019年3月29日時点で4分野にて世界No.1を獲得したという。

バックオフィス業務のアナログ作業は、手入力作業や仕訳勘定科目の検索などに多くの手間が発生し、業務担当者の負荷が大きく、特に取り引き先企業が多くなると、人的ミスも発生しやすくなる。

また、OCRを導入し、業務の自動化をすでに進めている企業でも、従来のOCRでは決まった形式・フォーマットの文章しか対応していないため、読み込み対象文章の定形化や、読み込み位置の指定や調整が必要である。OCRによる自動化のための初期運用コストや工数が膨大になるケースも多くあるという。

レシートや請求書、請求書などに特化したサービス

そこでLINEは、各種会計書類に特化した『CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)』『CLOVA OCR(請求書特化型)』を提供開始した。各種会計書類に特化した本サービスは、より高度な文章認識による文字や値の検出・認識だけではなく、項目分類まで対応する。

たとえば、読み込まれた画像より、「発行日」「日付」「品目」「金額」などに自動分類し、それぞれの項目としてテキスト化する。よって、フォーマットの事前設定が不要となり、手入力や項目分類などの工数を大幅に削減できるため、初期の運用コストなどの削減が期待されるとのこと。

「CLOVA OCR」では、本サービスを導入することで、より効率的な業務システムを実現し、限られたリソースの中で、本来集中するべき業務に従事できるよう、さまざまな企業をサポートしていくとしている。

>>>プレスリリース